9 つの欲求に訴えかける

9desire-gdt

この動画はコピーライティングで、お客様のベネフィットを書き出すために使う9つの欲求について解説しています。

9 つの欲求に訴えかけるベネフィット

コピーライティングでは、顧客のベネフィットを洗い出すことは必須です。その洗い出しをする際に、この9つ欲求を元に訴えかける言葉を洗い出しをすれば、だいたいの種類がカバーできます。

benefit
  • 「時間」
  • 「努力」
  • 「お金」
  • 「富・名誉・名声(欲)」
  • 「美・性」
  • 「快適さ・苦痛がない」
  • 「反社会性」
  • 「希少性」
  • 「興味性」
  • 「具体性」

利用用途

これらは利用用途として、

  • 電子メール
  • セールスレター
  • 手紙
  • facebookなどのSNS
  • FAX
  • ダイレクトメール
  • 商品名作成
  • その他、Webページ

と、コピーライティングをするあらゆる場面で使うことができます。『セールスレターのヘッドコピーの作り方と19の例文』では、9つの欲求のベネフィットを実際にセールスレターのヘッドコピーでどのようにして使うのかを解説していますので、例文を見て参考にしてください。

ベネフィットの具体性とは

9desire-gdt

上図や動画でも解説しているベネフィットの中に「具体性」という項目があります。この「具体性」は、どの項目にも当てはめてることができます。「時間」+「具体性」、「お金」+「具体性」、「美・性」+「具体性」といった具合です。

これはコピーライティングする上で「いかに細かいディティールの表現ができるか」がテーマになるということです。

なぜ、細かいディティールの表現が必要か?

顧客のベネフィットを出していくときに、なぜ細かいディティールの表現が必要になるのか?

それは、ディティールが細くなればなるほどお客さんがイメージしやすくなるからです。ディティールが細かくなればなるほど臨場感が溢れるようになります。

人間心理や行動の発端は脳からの信号が発端になります。人間が文章を読み進めていくことによって生じる反応はすべて、読んでいる人の脳がイメージをした結果行動を促しているのです。

言ってみれば文章で画を見せているという感じですね。

ラジオ放送の実況アナウンサーのディティールの細かさはピカイチ

そういう意味では、ラジオ放送のスポーツの実況をしているアナウンサーのディティールの細かさはピカイチです。ラジオは聴覚だけを頼っているわけですから、リスナーに言葉を聞くだけで状況をイメージしてもらわなければいけません

例えば、甲子園の高校野球を実況しているとします。

(例1)

マウンド上の菊池。

(例2)

炎天下の中、燃えるように熱い投球を続けるマウンド上の菊池。

さて、どちらが脳の中でイメージがしやすいでしょうか?決まってますよね?(例2)の方です。

(例1)は今ピッチャーをしているのは菊池だということしかわかりませんが、(例2)は夏の暑い中、試合時間もだいぶ経過してピッチャーの菊池が奮闘している様子がこれだけでも伝わってきます。

これがディティールの細かさです。

会社を辞めて月収1000万円を稼ぐ男のメール講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です