インプットとアウトプット

input-output

この動画では、アウトプットの重要性をお話しています。

自己変容できるのはアウトプットした時だけ

インプットは人間の本能的な部分でもあるので自然にできるものです。なので、多くの人はインプットはたくさんします。

アウトプットはすごく労力や精神的な負担がかかります。だからしかし、そのアウトプットするとは本能的に避けたがるのです。人間の脳は楽な方にいこうとしてしまいますからね。

しかし、その分アウトプットをすると、

  • インプットした内容の理解が深まる
  • インプットした内容の記憶の定着
  • フィードバックがもらえる
  • 自分のビジネスが前進する
  • 欲しいものが寄ってくる

などと、得られるものがたくさんあります。
だからこそ自己変容できるのはアウトプットしたときだけなのです。

特に僕らはビジネスをやっているので、
ビジネスで成果を出すためにアウトプットが必要です。

アウトプットする環境を作ってからインプットする

インプットしても、その後アウトプットする機会がなければ結局なかなか行動に移せないということがあると思います。

そこで良い方法があります。それは、先にアウトプットする環境を作っておくということです。アウトプットする前提でインプットするのです。

例えばですが、アウトプットする環境として、ビジネスをしている同士でのシェアハウスをして家に帰ったらその仲間たちにしゃべってシェアするという環境があれば相当アウトプットできますよね。

しかも、ビジネスをしている人同士なのでそれに対する意見やアイデアも乗っけてくれることもできます。

「そんな環境ないよ」というのであれば、家族に話すのでもいいのです。それでも十分なアウトプットする環境です。それをアウトプットする環境かそうでないかはあたながどう思うかなのです。

偏差値の高い高校のクラスと低い高校のクラスの違いはアウトプットの差だった

よく受験などの話題で言われる話なのですが、偏差値の高い高校のクラスと低い高校のクラスでは勉強の取り組み方に対して大きく違うところがあるようです。

それは、偏差値の高いクラスというのは勉強をお互いに教え合っているのですが、一方で低いクラスは教え合うような習慣は少ないのです。

勉強を教え合っているクラスの生徒たちは勉強したことに対して常にアウトプットしているのです。だから教える方は頭の中で整理ができますし、教わる方は知っている内容であったとしても再確認をすることができ脳に記憶が定着します。

つまり、アウトプットする環境を作っているんですよね、自然に。

それぐらいアウトプットするというのは自分の知識の理解を深めるためには重要な行為だということですね。

いかがでしょうか?
アウトプットは迷った時のゴールデンメソッドでも解説していましが、他人に影響を与えることができます。

先ほどアウトプットをすると「欲しいものが寄ってくる」と言いましたが、それは他者に影響を与える(インスパイアする)ことによって、影響を与えた人がまた自分へ返ってくるのです。

会社を辞めて月収1000万円を稼ぐ男のメール講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です