トレンドアフィリエイト初心者のためのトレンドブログの作り方

wordpress-logo
これからトレンドアフィリエイトを始めるあなたが倍速で結果を出すためのトレンドブログの作り方について解説していきます。

はじめに:無料ブログど独自ドメインブログどちらでやるか

トレンドブログはブログサービスを利用して無料で作るやり方とドメインを取得しサーバーを借りwordprssというオープンソースのコンテンツシステムを利用してブログを作る2通りのやり方があります。

初心者は無料ブログからはじめた方がいいという意見もよく聞きますが、僕は断然独自ドメインブログのやり方をおススメします。その理由は以下の通りです。

reason

  • ブログ自体が消滅するリスクが少なく報酬が高額で継続しやすい
  • どちらにせよ独自ドメインブログが必要になるので最初からwordpresでの投稿に慣れておいた方がいい
  • Googleがwordpressを推奨している

はじめは少し難しいと感じるかもしれませんが、「習うより慣れろ」という言葉の通り早くはじめて早く慣れていきましょう。それが一番の近道です。

たった90分でトレンドブログが作れる5ステップ

独自ドメインでサーバーを借りて・・・と聞くと「なんか難しそう・・・」と思うかもしれませんが、実際は90分もあればトレンドブログは作れてしまいます。以下の4ステップ通りにすすめていきましょう。

ちなみに、独自ドメインでブログを作った場合必要な費用は
ドメイン代:1,000円前後 / 年(「.com」「.net」)
サーバー代:初期費用→3,150円、1,260円/月(年契約の場合は1,050円 / 月)
になります。

STEP1.ブログ名を決めよう

まず最初にトレンドブログのブログ名を決めます。最初にブログ名を決めるのは後からそのブログ名に沿ったドメインを取得するからです。ブログ名はさほど重要ではありません。書く記事のネタは時事から芸能からスポーツと幅広くなると思うので何でも当てはめられるような名前にしておきましょう。

インパクトのあるブログ名にしておくと直接ブログ名を検索されるようなこともあります。

example

  • インパクトニュース
  • IMPACTNEWS

この辺のネーミングセンスは個人の力量によります。これまで検索エンジンの検索結果にはなかった名前を付けるのも1つの対策です。ちなみに最近日本でも流行してきた写真共有型SNSの『Pinterest』は「interest」という単語の先頭に「P」を足した造語です。非常に良いネーミングセンスですね。

STEP2.サーバーを借りよう

Webサイトとしてトレンドブログを作るためにはWebサーバーが必要になります。トレンドブログではWordPressというオープンソース(無料)のシステムを利用するので有料のレンタルサーバー屋さんと契約をする必要があります。

「最初からお金が必要なのか」と思うかもしれませんが、逆に言うとこのトレンドアフィリエイトにかかる費用はこれだけです。こんなに利益率の高いビジネスは他にない。必要経費だと思って惜しまず投資しましょう。

2-1.Xserver(エックスサーバー)を選ぶ理由

レンタルサーバー屋さんというのた本当にたくさんあって選ぶ基準はやはり用途によって異なります。今回はWordPressをインストールとしてトレンドブログを作るということで最も適しているのがXserver(エックスサーバー)です。

僕自身がXserver(エックスサーバー)
トレンドブログを作るためにXserver(エックスサーバー)を選ぶ理由は次の通りです。

reason

  • トレンドブログは画像を利用することが多くなるのだが、200GBという大容量の割に金額が安く費用対効果が良い
  • 大量のアクセスが来たてもサーバー自体がダウンしたりするこはまずなく安定している
  • 月間に数百万のアクセスが来るようになっもwordpressがサクサク動くプランに切り替えることもできるので安心
  • サポートが丁寧

大容量、大量のアクセスがきても安価な金額で安定しているので、
トレンドブログはXserver(エックスサーバー)を利用しよう。

2-2.申し込みをする

xserver1

「お申し込み」ボタンをクリック。ネクストっ↓

xserver2

「お申し込みフォーム」をクリック。ネクストっ↓

xserver3

「新規お申し込み」を選択したら利用規約のページに移るので利用規約を読んで問題がなければ同意します。ネクストっ↓

xserver4

「新規サーバーのお申し込み」をクリック。ネクストっ↓

xserver5

適当に好きなサーバーID名を付けます。「検索」をクリックしてみて他のユーザーと重複していなければ「お申し込み」をクリック。ネクストっ!

xserver7

メールアドレスから始まる必要事項を入力していく。プランは「X10」で十分です。入力できたら確認、そして確定と順にすすめてください。

xserver8

確定すると約24時間以内(実際は数分後)に登録したメールアドレスに「サーバーアカウント設定完了」のお知らせというメールが届きます。このメールは「契約情報」や「ユーザーアカウント情報」が記載されているので大切に保管しておいてください。

後述するSTEP4.「ドメインとサーバーの紐付けをしよう」で利用します。

STEP3.ドメインを取得しよう

次に独自ドメインを取得しましょう。
ドメインとはホームページのアドレスのことです。例えば、「http://renga3.com」ならばrenga3.comがドメイン名です。レンタルサーバーと同じく、ドメイン登録代行サービス屋さんはたくさんあります。

ここでは僕も自身に利用しているバリュードメインというドメイン登録代行サービスを利用します。
バリュードメインは複数のドメインが管理しやすく値段も安価で使いやすいです。

 3-1.ユーザー登録をする

value-domain1

まずは、value-domain(バリュードメイン)にアクセスしてユーザー登録をクリック。ネクストっ↓

valudomein2

上から順番に「ユーザー登録」と「連絡情報」を入力していきましょう。「連絡情報」は英語用のアルファベット入力と日本語入力の両方あります。日本語の入力の仕方はすぐにわかると思いますが、英語用のアルファベット入力がわかりにくい場合はこちらのお手本を参考に入力していきましょう。ではネクストっ↓

valudomein4

「規約」をクリックすると別ウィンドウで各規約が表示されます。しっかりと読んで同意できれば、ユーザー登録をクリック。ネクストっ↓

signup_02

正常にクリックができたメッセージが表示されます。ユーザー登録で登録した「ユーザー名」と「パスワード」を使ってログインしましょう。

3-2.新規ドメインの取得をする

valudomein5

「ユーザーコントロールパネル」にログインしたらドメイン操作の「新規ドメインの取得」をクリック。ネクストっ↓

valuedomain22

STEP1.ブログ名を決めよう」で決めたブログ名に近いドメインを取得しましょう。今回の場合「IMPACTNEWS」というニュース名にしたけど「impact-news」という名前だと.comや.netは既に取得されていました。

なので「impact-times」と検索してみました。

value-domain6

これで「imapct-news.com」なら取得できることがわかりました。「取得する」をクリック。

3-3.ドメイン代金を払

value-domain77

「取得する」をクリックすると、不足額について表示される画面になります。

valu-domain-shortage

不足金額のご入金についてとう見出しの下に支払いについてのリンクが表示されるのでクリックして手続きを行います。
value-domainは代金はすべて前払いプリペイド形式になっているので、事前の入金が必要になります。

入金の決済方法は

  1. クレジットカード決済
  2. コンビニ決済
  3. 銀行振込・郵便振替
  4. WebMoney

の4つから選びましょう。

各入金方法の詳細はこちらの公式ページで確認することができます。

STEP4.ドメインとサーバーの紐付けをしよう

ここまででサーバーを借りて、独自ドメインを取得するところまでは完了。しかし、今の状態ではただ2つを持っているだけでドメインとサーバーが紐付いていません。ドメインという『住所』はあるのですが、サーバーという『場所』が結びついていないということです。

なのでドメインとサーバーの紐付けをしていきます。

4-1.Xserver(エックスサーバー)のインフォパネルにログインする

server-domain

Xserver(エックスサーバー)から「サーバーアカウント設定完了」のお知らせというメールがこの頃に届いているので、会員IDとパスワードでインフォパネルからログインをします。

4-2.ログインしたついでに料金の支払いの設定をしておこう

payment

ログインすると左のメニューの中に決済関連という項目があります。その中に「料金のお支払い」があるのでクリック。ネクストっ↓

valuedomein5

契約している一覧が出るので、左のチェックボックスにチェックを入れ、右の「更新期間」を選択し「お支払い方法を選択する」をクリックします。

支払いは「銀行振込・クレジット・コンビニ・ペイジー」から決済方法を選択することができます。カードの場合は自動引き落としが選択できるので、更新期限を忘れていてブログが見えなくなるようなトラブルを防ぐことができます

4-3.ドメインとサーバーを紐付ける

valuedomein7

インフォパネルのトップページに戻り、ご契約一覧→サーバーで「サーバーパネル」という項目の「ログイン」をクリック。ネクストっ↓

domain-click

Xserverパネルにログインしたら「ドメイン設定」を選択。ネクストっ↓

domain-click2

「ドメインの追加設定」を選択。ネクストっ↓

domain-setting

ここで「3-2.新規ドメインの取得をする」でvalue-domainで取得したドメインを追加します。

これでドメインの追加は完了になります。ドメインの追加がサーバーに反映されるまでの時間は数時間~48時間以内とされますが、実際は数分ぐらいすれば設定ができていることが多いです。

これでドメインとサーバーの紐付けも完了ですね。これであなたが取得した独自ドメインをURLとして利用できるようになります。では最後にWordPressのインストールです。もうちょっとなので頑張りましょう。

STEP5.WordPressをインストールしよう

最後にWordPressのインストール。これは思ってる以上に簡単です。

xserver10

まずエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
左メニューの下部に「設定対象のドメインの変更」というのがあります。上のセレクトボックスに独自ドメインの選択肢があるので適切なドメインを選択します。ネクストっ↓

wordpress_install

HOMEPAGEという「自動インストール」のメニューをクリック。ネクストっ↓

install_click

「プログラムのインストール」を クリック。ネクストっ↓

wordpress_install13

「WordPress日本語版」のインストール設定をクリック。ネクストっ↓

hissu-xserver

自動インストールの画面に切り替わったら必要事項を入力してください。以下に各項目の扱い方について解説しています。

  • バージョン:WordPressのバージョンを表している。最新になっているとは限らない。(最新である必要もない)
  • インストールURL:右の欄は空白でもかまわない。「blog」と入れると「(例)http://www.impact-times.com/blog/にWordPressがインストールされる。
  • ブログ名:(例)Impact Times
  • ユーザ名:WordPressにログインする時のユーザー名になるので忘れないようにしよう。
  • パスワード:WordPressにログインする時のパスワードになるので忘れないようにしよう。
  • メールアドレス:なメールアドレスを入力しておこう。
  • データベース:「自動でデータベースを作成する」を選択しておこう。

すべて入力し終わったら「インストール(確認)」をクリックし、次に「インストール(確定)」をします。

wp-admin

WordPressのインストールが完了。これでトレンドブログが完成しました!
ブログの様々な設定は、このログイン画面より「ユーザー名」と「パスワード」を入れてログインして行っていきます。

メール講座のご案内

(例)岡崎
(例)okazaki@yahoo.co.jp

Blog Ranking × Renga's Photo