30代女性が平均年収を上げるのは稼げる資格を取ることではない理由

30代女性の年収

30歳前後のいわゆるアラサー女性は、これからそのまま仕事に突っ走っていくのか結婚をするのかに悩まれている方が非常に多いです。

僕のブログやメルマガの情報発信は基本的に男に響くように書いているのですが、意外に女性の方もメルマガ読者さんになっていただいたり、企画に参加していただいたりしています。

感覚的には全体の3割ぐらいはいるんじゃないでしょうか、結構多いですよね。

僕はお金を稼ぐことに関して発信しているので今回は女性向けに30代の女性の平均年収や年収を上げていく、そしてお金も稼ぐんだけど幸せになれるのか?という話を簡単にしたいと思います。

30代女性の平均年収は200万円~400万円。その理由は?

いろんなデータがありますが、30代(30歳ぐらい)の平均年収は200万円~400万円だと言われています。男性の場合は、やはり20代と30代では大きく変わってきますが、女性の場合はそこまで変わらない傾向があります。

その理由として一つ挙げられるのが、女性は年収を上げるより貯蓄額を増やそうとする傾向があるからです。ここが男性と大きく違うところです。

女性の場合、本能的に守りに入ろうとします。
なので、
「どうやって稼ぐか?」ではなく、
「どうやって節約するか?」
の方に思考します。

つまり、年収はそれほど上がらなくても貯蓄額は大きくなったりします。なので女性の場合「年に100万円貯めてます」みたいな人が女子会の中でちょっと優越感を感じたりしているわけですよね。

これが女性の平均年収はそこまで増えない理由です。

30代女性が稼げる3つの資格はいかがなものか?

30代の女性が充実したワークライフバランスを取るためにやろうとするのが「稼げる資格」を取ろうとすること。

資格をとるのであれば日本3大国家資格である、

3 Large Qualification

のような資格がいい。ただ、これからは誰もが簡単に取れるものではなく、医者などはそもそも医学部を出ないといけないという制限がある。弁護牛は法科大学院に通う必要がある。弁護士が稼げない話は以前にしているので参考にしてください。

となると次に、女性が30歳から取る資格でよく言われるのが、

  • ファイナンシャルプランナー:平均年収650万円~800万円
  • 社労士(社会保険労務士):平均年収530万円
  • 弁理士:平均年収600万円~1000万円

となるこの3つ。資格取得の難しさや将来性でいうと弁理士ですね。弁理士もそう簡単に取得できる資格ではありませんが、資格を持っていれば待遇されやすかったり、独立開業にも適しています。

ただ、こちらも他の税理士など難関資格取得と同じで、最低でも2~3年、1000-3000時間勉強は必要ですね。前提知識がなければもっと時間はかかる可能性はあるでしょう。

そうなると、ほぼ人生をそれにかけるような生き方になってきてしまいます。僕は特に女性はそういう生き方は時代に合わないと思っています。では、どうすればいいのかというヒントを与えます。

ネイリスト、フラワーアレンジメント、カラーコディネータなど役に立たない資格を売る商売をすること

男性から見るとそんなもの「役に立つのか?」と思う女性に人気の資格ってあります。

例えば、

Women popular qualification
  • ネイリスト検定
  • フラワーアレンジメント
  • カラーコディネート

などが上げられます。これらの資格を取得しても、正直年収は上がりません。言ってしまえばお金にならない資格です。でもお金になっている人たちがいます。

それは誰かというと、ユー○ャンなどのこれらの通信講座を販売している人たちです。自分が資格を取るよりも、資格の取り方を売る方が年収は上がるのです。

これは覚えておいてください。実際僕の知っている女性で資格取得のためのノウハウや資格協会を作って販売している人はたくさんいます。どっちかというとそういう女性たちの方が幸せそうに見えます。

そして実際彼女たちの方が一般女性の平均よりも年収は高いです。何よりも充実しているところが輝いて見えるんじゃないでしょうか。

「年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです」の面白い回答

女性が年収を上げる方法の最後の砦として年収の高い男性と結婚するという方法があります。これに関してとはとあるメディアで取り上げられていた人気の回答がありますので、引用させていただきます。

というのも基本的に僕もこの回答に同意だからです。

まず女性の質問

正直に、はっきり聞きます。

私、年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです。今、私は25歳で、見た目は結構可愛いと思っていて、スタイルももよく、センスもいいと思う。
欲張りと思われるかもしれないけれど、ニューヨークでは年収が8000万円という男性もザラだし、妥当かなって。

このフォーラムに来ている人で年収4000万円以上の人っていますか?それとも、みんな結婚してるんですか?
実際に年収2000万円の人とは付き合ったことがあるんですけど、それ以上の人と出会いたくって・・・。私が憧れているNYガーデンってところで暮らすことを考えると、2000万円の収入じゃ少ないんです。

だから、少し聞きにくいんですけど、いくつか質問です。

1. リッチで学士を持ってる人というのは、どこで遊んでるんですか?(できれば、レストランの名前とか、具体的なバーやジムの住所を教えてください)

2. どれぐらいの年齢の人を狙ったらいいですか?

3. どうしてお金持ちの奥さんって見た目がフツーな人が多いんですか?何人か会ったことがあるけれど、はっきり言ってフツー以下の人もいる(笑)。なぜでしょうか?

4. ズバリ、お金持ちのみなさんは、どうやって結婚する女性を選ぶんですか?

(引用:tabi-labo.com)

J.P.モルガンCEOと名乗るアカウントの回答

大変興味深く読ませていただきました。実際、あなたのように考える人は少なくないと思います。私は年収4000万円以上。あなたの希望に添っていますから、プロの投資家としてお答えさせていただきます。

要約すると、あなたは「美しさ」と「お金」を交換しようとしています。すると、そこにはひとつ重大な問題が発生します。私の収入は年々増えていきますが、あなたの言う「美しさ」は年々目減りしていくということです。

私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりする資産」。それも急激に下がっていくことは間違いないでしょう。

ウォール街では、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはすぐにそれを売ってしまいます。「長期保有」することはないのです。しかし、結婚とは「あなたを長期的に保有すること」なのです。

少し言い方が悪くなってしまうけど、あなたを資産として考えた時、「短期保有」のほうが賢い選択です。もっと言えば、レンタルで十分。保有する価値がありません。年収4000万円を稼ぐ人はバカではないので、あなたとデートすることはあっても、結婚することはないでしょう。

ひとつ、アドバイスできるとしたら、お金持ちと結婚する方法を探さずに、ご自身がお金持ちになってはいかがでしょうか?

この答えが少しでもあなたの役に立てば幸いです。

そうそう、もしあなたが「レンタル」に興味があるなら、私にご連絡ください。

(引用:tabi-labo.com)

かなり秀逸な回答だと僕は思います。

よく「私は医者を狙ってるんです!」
とか言うどうしようもない感じの女性を見たりします。

しかし、医師がまずそんな女性と結婚するわけがありません。

もしそれが希望なのでであれば、そのレベルの教養や対等に話ができるステージまで自分を上げていく必要はあるでしょうね。

メール講座のご案内

(例)岡崎
(例)okazaki@yahoo.co.jp

Blog Ranking × Renga's Photo