トレンドアフィリエイトで月収55万円達成した僕が行った36の手法

trend-income55-36method
trend-income55-36method-write

たった1サイトでしかも総投稿数197記事だけで月55万円という最小で最大の結果を僕は出しています。しかもサイトを新規ドメインで立ち上げた90日後にです。

ぶっちゃけ「トレンドアフィリエトって簡単だな」と思った程です。僕は極端に少ない記事で大量のアクセスを集めることに関しては誰にも負けない自信があります。実際それを実践してきています。

通常トレンドアフィリエトで月10万円を越えるのは300記事から400記事必要だと言われている中で、なぜ僕が200記事にも満たない投稿数で月50万円以上という結果が出せたのか?

その手法をここで少し紹介していきます。一言で言うとポイントは記事をバイラルさせることにあります。もし、あなたが記事を書いているのにもかかわらず結果で出ないのであれば是非参考にしてくださいね。

目次

1.バイラルするトレンドブログの作り方

2.バイラルするネタの選び方

3.バイラルするキーワードの選び方

4.バイラルする記事タイトルの付け方

5.バイラルする記事内容の書き方

6.内部SEOを最大限に意識した記事投稿方法

1.バイラルするトレンドブログの作り方

バイラルさせるためには「他の人にも知ってほしい」と思わせる必要があります。他と同じようなブログの作り方をしていてそれができるか?

ちょっと考えてみてほしいのです。トレンドサイトの見た目はどれも同じで、どれも同じようなことを書いています。そんな無数にあるのと同等のような質の低いブログ記事をあなたは紹介したいと思うでしょうか?

ソーシャル・ネットワークの時代に「他の人にも知ってほしい」と思わせることの重要さはあなたも知っているはずなんです。そのために僕は見た目の部分も重要視をしています。「ダサイ」「カッコ悪い」「クールじゃない」ものは自分がダサイと思われるからシェアなんかしたくないのです。

1-1.無料ブログは使わない

まず、無料ブログは使いません。バイラルを狙いにくいからです。トレンドアフィリエイトを始めたばっかりの場合は無料ブログをガンガン使えばいいです。

しかし、少ない記事でバイラルを狙って大量のアクセスを集めて何十万円を狙うのであればやはりオリジナルサイトとして作った方がベストなんです。

独自ドメインでオリジナルサイトとして作った方が紹介されやすくなります。そして、それが結果的に良質な自然の被リンクを生み出すことに繋がります

1-2.コンセプトをはっきりさせる

旬や話題のトレンド系の記事を書いていくのであればジャンルが複合だったとしても、そのコンセプトははっきりさせる必要があります。

よく他の人のトレンドサイトを見ていると「旬の話題をお届けします!」とブログ名に書いているのにもかかわらず、

  • 「このクイズに答えられますか?」
  • 「この絵は何に見えるでしょう?」

みたいなネタ系の記事を書いている人がいます。こういうことをすると一貫性がないので、読者には魅力的には見えなくなるのです。おそらく滞在時間を上げる目的なのでしょうけど、そんな目先の利益のためにコンセプトからぶらすのはもったいないのです。

心当たりがあるのであればトレンドだけを取り上げる記事にして、コンセプトをはっきりさせてブログに直していってくださいね。

1-3.当たり前だけどSEOに強いWordPressテンプレートを使う

keni_html2

WordPressのテンプレートでプロが作ったものはそこまで変わらないから無料のヤツでもいいと思います。ただ、他の人がよく使っているようなWordPressテーマをそのまま避けるべきです。

僕は賢威を使っています。賢威は結構昔から存在は知っていてぶっちゃけ「賢威とかいらんでしょー」と最初はバカにしていました。しかし、実際に買ってみて上記の図のように「トップメニュー」をHTMLの最後に持ってく徹底ぶりに感動をして賢威を使うようになりました。

良いかどうか自分で考えるのが面倒くさいのであれば賢威を使っておけば問題ありません。ただ、次の項目で説明する通り見た目はある程度カスタマイズするべきでしょう。

1-4. 元のテンプレートの原型がわからなくなる程デザインカスタマイズを徹底してオリジナリティを出す

smp_pc

今見ていただいているこのブログも賢威を使っています。けど、パッと見た時には賢威だとはわからないですよね?トレンドサイトも元のテンプレートの原型がわからない程見た目を変えています。そうする理由はやはりユーザーがよく目にするテンプレートだとサイト自体が安っぽく感じられてしまうからです。

僕はユーザーに見た目で「あーまたこういうブログか」と思われると終わりだと思っています。賢威だと個人レベルの人やアフィリエイターなどがよく利用してるので、あんまり良いイメージはないのです。

けど、内部SEO対策のことを考えると素晴らしい構造になっています。だから原型がわからない程見た目はカスタマイズしてオリジナリティを出しているのです。

1-5.スマホを最適化させる3つのポイント

smp_wp-touch

スマホは大事ですよ。トレンド系のサイトはアクセスの8割~9割がスマートフォンで閲覧しています。なので、スマホでの見やすさや使い勝手を最適化することが非常に重要になってきます。

ブログ構築時にスマホ関連は以下のような3点に気をつけています。

memo
  1. wordpressプラグインの『WP-touch』は使わない。使うとしたら大幅に見た目を変える
  2. ページの読み込みが遅くなるような容量の大きい画像は使わない
  3. 関連記事の表示がスマホでもクリックしやすいような誘導にする

「WP-touchを使わない」というのは「1-4」と同じ理由。多くのトレンドアフィエイト実践者はスマホの表示にWordPressプラグインの『WP-touch』を利用しています。残念だけど『WP-touch』を利用すると、「またこういうなんかデタラメっぽい内容の芸能ニュースか」みたいな印象を与えて終わりです。

それは、他の『WP-touch』を利用しているトレンドアフィリエイト実践者がユーザーに価値のない記事を書いているからです。他と同等の扱いをされないためにも『WP-touch』は使わないのがベター。

もし、使うとしたらWP-touchという原型がわからない程見た目をカスタマイズすることですね。
もちろんそのまま『WP-touch』を利用してもアクセス自体は十分にきます。

1-6.広告ユニットの数は記事内に3つ入れる

Google Adsenseの広告ユニットの数は1ページに3つまで設定できるようになっています。これはサイトによってどこが一番クリック率(CTR)が高くなるかはテストしてみないとわかりません。

僕がテストした結果は記事内に3つ入れるのが一番報酬額が大きくなりました。次の3つの箇所です。

memo
  1. 記事タイトルの上部。
  2. 記事の途中。Wordpressでいうとmoreタグをはめるところ。
  3. 記事が読み終わった最後の下部。

トレンドサイトのアクセスはスマホがほとんどで、スマホの場合はサイドカラムなどがないために記事内に3つとも設置が一番良い結果になる可能性が高いです。

ただ、PC版の場合は2カラムか3カラムかによっても広告ユニットの設置は変わってきます。これは自分のサイトで検証してみましょう。

2.バイラルするネタの選び方

僕がバイラルさせた記事は、

  • 自分が既に知識を持っているネタ
  • トレンドアフィリエイトをやらなくても普通に自分が好きで見るネタ

を選んだ場合が多いです。これをふまえてネタの選び方を紹介します。

2-1. 速報記事はゼロ、未来予測記事がすべて

ブログでトレンドアフィリエイトをする場合は「速報記事」か「未来予測記事」かに大きく別れます。

僕は基本的に「速報記事」をかきません。ほぼ未来予測型の記事です。その理由はバイラルしにくくなるからです。もうすこし詳しく言うと以下のような理由です。

memo
  • そもそも記事の質が落ちる
  • 一次情報またはそれに近い情報が書きにくい
  • PCの前に張り付いておくのが面倒くさい

という理由で僕はほとんど速報記事を書かきません。ただ、大大大爆発を狙うのであれば速報記事を書くのもいいと思います。重要なのはどっちが良いとか悪いとかではなく、僕はそいうやり方を選んだというだけの話なのです。

2-2. 「自分が好きなジャンル」×「トレンドになる」を選ぶ

例えば『世界陸上』が放送される予定があり、『世界陸上』のネタの記事を書けばアクセスは取れるのがわかったとしても、僕ならおそらく書きません。というのは僕自身が陸上に興味がないし書いてても楽しいと思わないからです。

バイラルする記事というのは読み応えがあります。読み応えがある記事は筆者がどれだけそのネタに精通しているかという部分が大きいのです。いくら文字数が多くても薄っぺらい内容は薄っぺらいのがわかります。

なので、「自分が好きなジャンル」でかつ「トレンドになる」の条件を満たすものをなるだけ選ぶようにしています。もちろん、アクセスを稼げそうな時は条件を満たさなくとも書きます。知識がないときは本を買ってでも知識を入れることもあります。

2-3.他にトレンドサイトを運営している人の心理や属性を考えてネタを選ぶ

そもそもトレンドアフィリエイト実践者は同じような属性の人が記事を書いていることが多いです。例えば、

  • 性別は男性
  • 脱サラ希望
  • 年収は300万円代
  • 月に5万円でもあれば生活が変わる
  • パソコンで稼ぎたい

とか。こういう属性の人が考えることや選ぶネタは似たり寄ったりになる可能性が高いです。発想を逆転してみましょう。

  • 性別は女性

と変換するだけでも「ネイル」「ミランダ・カー(女性モデル)」「草食系男子」などと、男性が考えないような視点でライバルが不在のネタを決めることができます。もう少しライバルの属性を心理をくみ取ってもっといろんな発想や視点でネタ選びをしてみてください。

2-4.アクセスの来る寿命の「短い」と「長い」を見極めてネタを決める

寿命が1日しかもたないような記事だけを書いていても長期的にアクセスを集めることができません。逆に寿命が半年あるような記事だけを書いていても爆発力に欠けますよね。

以下に事例をあげてみます。

  • 来週のTBS系列『情熱大陸』に出演する料理人ネタ => 寿命は約1日
  • 3夜連続ドラマに関するネタ => 寿命は5日~6日
  • クリスマスに関するイベントネタ => 寿命は約1ヶ月
  • 新ドラマに関するネタ => 寿命は約3ヶ月(1クール)

以上のようにある程度アクセスが来る期間の予想は立てられます。1日しかもたないけど爆発力のあるネタと爆発力はないけど長期的なアクセスを集めるネタを混合させましょう。

2-5. 過去に一番アクセスがきたネタでもう1度書く

あなたのトレンドサイトに今までに一番アクセスがきた記事はどんな記事ですか?その記事は今のあなたのブログの強さでキーワードの選定、競合リサーチをして最も上手くハマった結果です。

つまり同ジャンルのネタをもう1度書けば再びアクセスを呼べる記事になる可能性が高いのです。実際僕は1度爆発的にアクセスがきたら同じジャンルで2記事目・・・3記事目と書いたりしています。

各ネタに困っているのであれば一番アクセスの来た記事の分析を一度してみてください。

3.バイラルするキーワードの選び方

keywordtool2

トレンド記事をバイラルさせるにはキーワードの選定が最重要課題になります。キーワードを選定する際に利用するツールはYahooの検索結果の虫眼鏡のところ。需要のあるキーワードがこれで簡単にわかります。

他にもツールはあるが、ごちゃ混ぜトレンドサイトではこのツールだけで十分稼げます。では、キーワード選定を見ていきましょう。ここでは「東京オリンピック」を例題にします。

3-1.ブログを未だ開設したばかりの弱者の戦略

新規ドメインでブログを開設したばっかりの時は恐ろしくブログが弱い。このような時に狙うキーワードは複合キーワードの数を増やしていく戦略をとります。

例題の「東京オリンピック」の場合「東京オリンピック 2020」ではまず上位表示できないでしょう。「東京オリンピック 2020 経済効果」でも難しい。ならばもっと複合の数を増やしていくしかないのです。

さらにリンクをクリックすると・・・

「東京オリンピック 2020 経済効果 メリット」
「東京オリンピック 2020 経済効果 グラフ」
「東京オリンピック 2020 経済効果 デメリット」

が出てくることがわかります。このようにブログが弱者は「東京オリンピック」の場合4語を狙っていくのです。

3-2.強者の戦略

ここでいう強者とは記事を投稿すれば1時間以内で記事ページがインデックスされたり、過去に爆発記事を何度も書いていたり、既に「東京オリンピック」関連のキーワードで上位表示が出きている場合を指す。

その場合なら競合相手がいても・・・

「東京オリンピック 2020 中止」
「東京オリンピック 2020 おもてなし」

などの3語でも上位表示されることができます。基本的に早く書けば書く程有利になるのですが、ブログが強ければ無料ブログ系のライバルなら後から書いても出し抜くことも可能になってきます。

このブログの強弱は明確に数値で出せるものではなく、感覚的なところもあります。

3-3. 検索されそうなキーワードの予想の仕方1

未来予測で書く場合はYahooの虫眼鏡ツールに需要のあるキーワードが表示されません。なぜならば未来のことを書くからです。そのような場合は狙っているキーワードと同等のジャンルから複合キーワードを引っ張ってくることです。

例えば例題の「東京オリンピック」で書きたいのであれば2012に行われた「ロンドンオリンピック」で検索します。そうすると・・・

「ロンドンオリンピック メダル」
「ロンドンオリンピック メダリスト」
「ロンドンオリンピック メダル数」

と複合キーワードが表示されます。つまり・・・

「東京オリンピック メダル」
「東京オリンピック メダリスト」
「東京オリンピック メダル数」

をキーワードとして選定すればいいということになるわけです。

3-4.検索されそうなキーワードの予想の仕方2

さらに、検索されそうなキーワードの予測の仕方としては自分が普通に「知りたいなあ」と思うことをキーワードにしてみることです。

例題の「東京オリンピック」では2020年に行われるが、現・東京都知事(猪瀬直樹氏)が辞職したために、次期都知事は非常に重要な役割を果たすこになりますよね。じゃあ、2020年の時に都知事は誰に任されるのだろうかというのが疑問になったりするわけです。

それならば・・・

「東京オリンピック 2020 都知事」
「東京オリンピック 2020 都知事 誰」

というようなキーワードを立ててみるのもあり。こうやって自分が疑問に思うことや知りたいと思うことをキーワードにしてみてください。

3-5.Q&Aサイトでリサーチをする

3-4」で紹介した疑問が思い浮かばないなら、『Yahoo知恵袋』や『教えてGoo』などQ&Aサイトを利用してください。

例題の「東京オリンピック」と『Yahoo知恵袋』で検索してみましょう。すると・・・

「東京オリンピックの開催により、群馬県はどれくらいの経済的・・・」
「東京オリンピック(2020年予定)は必要ですか・・・」
「東京オリンピックは反対だと言う意見が・・・」
(引用:『Yahoo知恵袋』検索ワード「東京オリンピック」)

このような質問タイトルが出てきました。東京オリンピックによる経済効果は関東周辺の地域の人も気にしていることや、そもそも必要なのか?を議題にしている人や、反対意見も多くあることがわかります。

ならば・・・

「東京オリンピック 2020 経済効果 群馬県」
「東京オリンピック 2020 経済効果 茨木県」
「東京オリンピック 2020 必要」
「東京オリンピック 2020 反対」

このようなキーワードを候補に上げることができるのです。

3-6.競合ライバルチェックの仕方

最後にライバルチェックです。実際に、候補のキーワード検索し、検索結果のタイトルにそのキーワードが含まれていなければチャンスです。

チェックするのは1ページ目だけでかまいません。ご存知のように2ページなどに上位表示できたとしてもアクセスはほとんどこないからです。そして、チェックの仕方として基本的に以下のようなサイトが上位表示されていればまず無理です。諦める。

  • 大手新聞社が出しているニュースサイト
  • 週刊誌が出しているニュースサイト
  • 老舗のニュースサイト
  • Naverのまとめ
  • 2chまとめ系
  • You Tube

その他、資本を投下して運営しているようなニュースサイト

逆に狙い目は以下のようなサイトが上位表示されている場合です。

  • 個人が運営しているようなトレンドサイト
  • 無料ブログ(アメブロ、FC2、so-net、livedoor、はてな、JUGEM等)
  • その他、個人が運営しているようサイト

もちろん以上はブログの強さやそのネタのジャンルによっても変わるので目安として考えてください。ブログが強ければNaverまとめや2chまとめ系を出すぬくことも可能です。

4.バイラルする記事タイトルの付け方

トレンドアフィリエトの場合は基本的に検索エンジン経由を狙った記事の付け方をします。しかし、僕は検索エンジン経由だけを意識しているわけではありません。

これを両立させることがここのバイラルする記事タイトルの付け方の肝です。順番に見ていきましょう。

4-1.検索エンジン経由と拡散される要素の両方を狙う

titke-method3

通常のトレンドアフィリエトなら競合のいないキーワードをピックアップし、その検索需要のあるキーワード3~5語ぐらいタイトルに埋め込むよう記事タイトルの付け方をします。しかし、僕は入れたい検索キーワードが少なくなったとしても「読みたくなる」タイトルにする方を優先するのです。

それはバイラルを狙っているから。

その度合はブログの強さレベルによって加減が変わります。上記図のようにブログ開設時というのはビックリする程ブログが弱い。だから「読みたくなる」タイトルを意識しても意味がないんです。それよりも最初は検索でひっかけていくことが重要だということ。

それが段々ブログが強くなっていくと「読みたくなるタイトル」の度合いを強めて、「検索キーワード」をは2語とか3語にしたりします。そっちの方がニュースサイトっぽいサイトができてくるからです

4-2.具体な言葉と数字を入れる

前述のとおり、ブログが強くなってくるとキャッチーな記事タイトルを意識するようにします。その対策として具体的な言葉と数字を入れることは必須。

例えばこのブログで書いている「トレンドアフィリエトで稼げない人の5つの特徴」というのは「トレンドアフィリエイト 稼げない」の2語を狙っています。そしてキャッチーさを強めるために「5つ」という具体的な数字を入れ「5つの特徴」とすることで「もしかしてオレ当てはまっていないかな?」と興味を持たせてクリックの誘導につなげているのです。

POINT

具体的な言葉と数字を入れる

トレンドブログに限らずこのポイントはどんなブログにも当てはまります。今日からすぐに取り入れられることなので必ず意識してください。

4-3. 1タイトルに「?」は基本は1回だけ。最悪2回までしか使わない

トレンド記事はタイトルの中にいかに上位表示できる検索キーワードを入れるかが重要になってくるために、多くのトレンドアフィリエイト実践者が無理にでもキーワードを詰めこもうとすます。あなたはやっていないですか?こんなタイトルの付け方を。

マツコデラックスの本名は?生い立ちは?ひきこもり?年収とすっぴんは?

こういうのを見て気持ち悪いと思わないのでしょうか。あまりにもユーザー(読者)をバカにしています。ただ、これでも稼げるのは事実です。僕自身もこういうタイトルを付けて試したことは何度もあります。

しかし、検証をし結果的には読者が読みたくなる自然なタイトルを付けた方がいいという結論に至りました。もし、あなたが月数万円稼いでGoogleからペナルティを受けてもいいというのであればこういうタイトルで書いていけばいい。

けど、少ない記事で長期的にそして莫大な金額をトレンドアフィリエイトで稼ぎたければ「?」を使うのは1回だけにしておいてください。最悪2回まで。おそらく「?」を連発するタイトルを付けている人は実は非常に損をしていることに気づいていない。

4-4.タイトルに予想という前提で新情報を加える

未来予測記事の場合はまだ出来事が起こっていないわけなので、何かしらあなた独自の視点で予想した記事を書けばいいのです。

例えば「3.バイラルするキーワードの選び方」のところで話に出てきた「東京オリンピック」ネタだが、2020年の東京オリンピック時に就任している東京都知事を予想して書くのです。

example

「東京オリンピック2020年時の東京都知事は再び石原慎太郎か」

このように「東京オリンピック」のキーワードに「石原慎太郎」というキーワードを新情報として追加することができます。後は、あなたがなぜ2020年に石原慎太郎が都知事に就任していると思うのかの理由を書けば良いのです。

こうすると【検索エンジン経由→バイラル】の流れを狙える。

4-5. タイトルにオリジナルの企画性を含める

これは前述した「4-4」と似ているが少し難易度が高くなります。

また「東京オリンピック」ネタを例にして考えてみます。猪瀬直樹元都知事は徳洲会から5000万円を受け取った事件が大きく広がり、いろいろな騒動があり辞任したわけですよね。これをネタにこんな記事タイトルをつけたらどうでしょうか。

example

「もし東京オリンピック2020年時の東京都知事が猪瀬直樹だったら」

もし猪瀬直樹氏が2020年に知事に就任していたら、こんなことをやらかすだろうとか、こんな借用書を作るだろうとか、社会風刺ネタを記事として書くのです。猪瀬直樹氏の事件は日本中を騒がせたのでこの記事の内容が面白ければバイラルは起きやすくなります。

このようにして記事タイトルにオリジナルの企画性を含めるのです。

4-6. タイトルの文字数は32文字以内ギリギリ使う

記事タイトルは32文字以内にします。シンプルに伝えるのが良いという意見もあったりしますが、トレンドブログにはそれは当てはまりません。

トレンド記事では需要のある検索キーワードを入れる必要があるし、キャッチーなタイトルにするためにはできるだけ多くの情報をタイトルに含めた方がいい。必ず32文字ギリギリまで使ってください。

4-7.週刊誌の表紙を参考にする

週刊誌の表紙というのは「トレンドのキーワード」と「キャッチーなコピー」が上手く組み合わさっています。具体的な雑誌名を言うと・・・

Reference
  • 週刊文春
  • FRIDAY
  • 週刊新潮
  • 週刊SPA!
  • 週刊ダイヤモンド
  • 週刊女性
  • 週刊プレイボーイ

などこれらはトレンド記事のタイトルを付けるのに非常に参考になります。買わなくてもいいので、コンビニに行って意識して表紙のコピーを見てください。思わず手にとってしまうようなコピーがたくさん含まれています。

5.バイラルする記事内容の書き方

トレンドブログでは記事内容よりも記事タイトルに含まれているキーワード選定が大事になります。正直、キーワード選定さえある程度できたら月10万円は簡単にいけます。

ただ、更にもっと何十万という金額を少ない記事で稼ぎたいというステップアップをしたいのであれば記事内容は非常に重要になってきます。単純に文字数を埋めるような記事の書き方ではダメ。

独自の切り口の視点で記事を書くことがポイントになってくるのです。もちろんその理由はバイラルをさせるためですね。それが最終的にSEOの内部施策に繋がるし、外部施策にもつながっていきます。ここで僕が気をつけていることをいくつか紹介します。

5-1 視聴者の代弁者になる(疑問やツッコミ)

トレンド記事を書くネタとしてテレビで放送さている内容を書くことがよくあります。ここでバイラルをさせるために意識することは2つ。

  1. 視聴者が感じている疑問を代弁する
  2. 視聴者が感じているツッコミを変わりにする(共感)

例えばフジテレビ系で過去に放送されたバラエティ番組で『ほこ×たて』という番組がありました。この番組は2013年の秋ごろに過剰演出だということが告発されて番組が打ち切りになっています。

しかし、もっと前から「これは本当なのかなあ」と思っている人は視聴者はたくさんいたはずなんです。それを代弁して「ほこ×たて やらせ」などのキーワードを使って記事を書くことによって視聴者の共感を得ることができます。

また、ドラマなら「このシーンが不自然だった」というような発見も話題になりバイラルする可能性が高くなります。このようにして視聴者の代弁者として疑問やツッコミをするのです。

もちろん批判をし過ぎたり営業妨害になるような記事は絶対に書いてはいけないので加減には気をつけましょう。

5-2.他でも得られるような情報は書かない

ある日、男性芸能人Aさんと女性芸能人Bさんが結婚したとします。その日の芸能ニュースはAはさんとBさんの結婚の話題で持ちきりだ。このトレンドの記事を書く時に誰もが知っている情報を書く人が意外にたくさんいるのです。

AさんとBさんが結婚したようですね。2人は3年間交際して一度破局をしたそうです。2013年に復縁をしたそうで、Bさんと朝の連続ドラマで共演したことがきっかけで・・・・

Aさんのプロフィールは「1974年生まれで、茨城県出身。幼いことはダンス教室に通い」・・・

こういう記事内容を書いている限り、大きく稼ぐことはできないと思っておいた方がいい。そして、すぐにGoogleからペナルティを受けるは時間の問題となります。結婚した事実は大手のニュースサイトが書いてあるし、プロフィールはその芸能人の芸能事務所のホームページに詳しく書かれてありますよね。

それをあなたの記事で書く意味は残念ながら全くないのです。他でも得られる情報を書くのはやめてください。

5-3. 一次情報またはそれに近い情報を書く

僕が書いた記事がバイラルする時のパターンの1つとして、限りなく一次情報に近い情報を書いた時にあります。例えば、テレビ番組の出演者の話題でバイラルした時、僕はその人の書いているブログやツイッターを隅から隅まで見ていました。

なので、その出演者の情報としてまだネットに大きく取り上げられていない記事を書いておいたらその記事が爆発的にヒットしました。実際、大手のニュースサイトも有名人のtwitterやブログでの発言を元にネタとして起こしている記事は多いです。

一見、面倒くさいように思うかもしれないが、100PVレベルの記事を10記事量産するのであれば、入念にリサーチをして1記事で10,000PVを狙うような記事の方が結果的には効率がいいのです。

その方が良質なサイトからリンクが貼られたりすることもありSEO外部施策にも繋るし、価値のある記事と判断されSEO内部施策もできるからです。

5-4. 自分で取材してレポート的な記事を書く

僕は何度かトレンドになっているネタに関して自分で取材をしたことがあります。取材と言っても誰かにインタビューしにいくわけではないですが、実際にトレンドになっている場所に行って写真をとってレポート風に記事を書くだけです。

そうするとその取材内容をそのまま書くだけでかなりオリジナリティのある文章とオリジナルの写真を使うことができます。

「そこまでやるか?」

と思うかもしれませんが、別に興味のないジャンルはやらなくてもいいです。普通に自分が興味があってトレンドアフィリエイトをやらなくても行くような場所ならついでにレポートすればいいのです。

例えばアップルの商品が好きなら新しいiPhoneの発売日に商品を買ってその一部始終をレポート的に記事として書きます。もしアップルストアに並んだのであればその様子を写真に撮ればいいし、世の中にはアップルファンはたくさんいるんだからそういう記事を見たい人は他にもいますよね?

それに、他の人が面倒くさいと思うことをやるから価値が高まるのです。

5-5.オリジナルランキングを作る

ranking

人はランキングが大好きです。本当に好き。そしてランキングをすごく気にしています。例えばECサイトのアクセス解析をとると、ランキングのページのPVはいつも高いのです。その割に集計方法は意外に気にしていない。

集計方法よりも目に見えるランキングの上がった下がったに一喜一憂をしているのです。つまり、あなた独自の集計方法でランキング形式にし、記事にすると面白いのです。

記事にする時は間違っても1位から書かないように。下位から順番に書いていこう。

5-6.独自の切り口を意識し、コメンテーターになったつもりで書く

僕はいつもいかに独自の目線で記事を書くかということを意識しています。しかし、多くのトレンドアフィリエイト実践者はニュースネタに対してただ単になぞったようなことを書いたり、言い回しを変えて書いているに過ぎません。

考えてみてほしいんです。テレビの情報番組では流れたニュースに対してコメントや意見をするコメンテーターがいますよね。もしあの人たちがニュースの内容と同じことを言っていたらどうですか?「何のためにそこに座っているんだ!」と思うでしょう。

あのコメンテーターたちは独自の意見や見解を言うことに存在意義があります。それと同じなのです。「何のためにこの記事があるんだ!」とユーザーに思われたらバイラルはしません。

6.内部SEOを最大限に意識した記事投稿方法

記事を投稿する際はSEO内部施策を最大限に意識していきましょう。小さな積み重ね上位表示に繋がり、大きな金額を稼げるようになります。

トレンドブログはブログ名やサイドバーのコンテンツよりも圧倒的に記事の内容が最重要コンテンツになります。出来る限りの対策は打っておきましょう。

6-1.HTMLの文書構造に合った見出しをつける

html_head

Webページは「h1」「h2」「h3」「h4」「h5」と見出しが階層の順にマークアップする決まりがあります。「h」というのはheadlineの頭文字だと考えておけばいいです。

WordPressなどブログなら通常

  • ブログ名→h1
  • 記事タイトル→h2

とテンプレートにマークアップされています。

なので、記事を投稿するときに見出しをつけるのは「h3」からになる。この記事で言うと「1.バイラルするトレンドブログの作り方」「2.バイラルするネタの選び方」がh3に当たります。さらに深い階層になる場合はh4・・・h5と付けていきましょう。

しかし、トレンド記事だと通用よく使ってもh4ぐらいまでです。そこまで深くする必要はありません。

6-2.HTMLの文書構造に合ったリストマークを付ける

ul-ol

例えば以下のように果物を表す場合。

  • りんご
  • ばなな
  • みかん

とulタグをマークアップしましょう。「1」「2」「3」と番号をつける場合はolタグでマークアップします。Wordpressだと投稿画面のところにマークアップするアイコンがあるので、テキストを選択した状態で「ul」アイコンか「ol」アイコンを選択しましょう。

6-3.関連記事は手動で入れる

WordPressでトレンドブログを構築している場合、関連記事を表示させるプラグインはいくつかあります。もちろんプラグインを利用して自動表示させればいいのですが、手動でも関連する記事にリンクをさせた方がいいでしょう。

その記事を読んで他にも読みたくなる記事を選ぶのは人間の感覚でリンクを貼った方がクリックされやすいです。あなたのブログに一人のユーザーがたくさんいろんな記事を見て回ると「ページ回遊率」というのが上がっていきます。これはGoogleからあなたのトレンドサイトが評価される指標の1つになります。

回遊率を高めるために他の記事に自然にリンクさせることを意識しておいてください。

6-4.関連するYou Tube動画を埋め込む

記事内容にあったYouTube動画を入れておけば、ユーザーがそれを見るとページ滞在時間が非常に上がります。このページの滞在時間もGoogleから評価される指標の1つです。

ただし、記事に関連しない動画や著作権に違法した動画を埋めるのは絶対にやめてください。著作権に違反した動画を入れて放置しておくとGoogleからペナルティ受けやすくなります。

6-5.記事の途中では投稿しない

記事は全部書きおわってから投稿をした方がいいです。wordpressの「公開」ボタンを押すと、ping送信がされるのですが、ping送信は初投稿のみに送信される仕様になっています(プラグインを使用)。Googleなどの検索エンジンのクローラーにお知らせするためにping送信をするのですが、記事の途中で公開すると一度その情報でお知らせされてしまいます。

トレンドの速報記事などを書く場合は時間勝負なところがあるので、例えば記事タイトルを修正しても一度ping送信をしてインデックスされてしまっていると変更されるまである程度時間を要する場合もあります。

なので、未来予測記事を書く場合はそこまで影響しませんが、速報記事を書く場合は途中で「公開」ボタンを押さないように気をつけてください。

6-6.記事URL(パーマリンク)は英語にする

title_eigo

たまに記事URL(パーマリンク)を日本語にしている人がいますが、なるべく英語にしてください。SEO的に英語の方が良いというのもありますが、バイラルを狙っていると、URLが紹介される場合があります。

その時のURLが以下のようなURLだったらクリックするでしょうか?

http://renga3.com/%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%a7%e6%9c%88%e5%8f%8e55%e4%b8%87%e5%86%86%e9%81%94%e6%88%90%e3%81%97%e3%81%9f%e5%83%95%e3%81%8c%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%9f36%e3%81%ae%e6%89%8b%e6%b3%95

これは、本記事の「トレンドアフィリエイトで月収55万円達成した僕が行った36の手法」を日本語にした場合のURLです。wordpressの投稿画面の設定でそのまま日本語にしていると上記のような表記になってしまいます。

日本語で見える場合はブラウザが高機能でURLを自動で変換してくれますが、Internet Explorerなどで見ると上記のような文字の羅列になっています。気持ち悪がってせっかく紹介されているのにクリックしてくれないともったいないので、URLはならなず英語表記にしておいてださい。

まとめ

検索エンジンは今度、ますますコンテンツの内容を重視する傾向になっていきます。これは読者に役立つ記事を書けば書くほど上位表示しやすくなるということです。昔のように被リンクをたくさん集めたり姑息なテクニックや小細工が通用するような時代ではありません。

トレンドアフィリエトを実践する際、最初は無料ブログで使い捨てのように書いてもいいです。しかし、1サイトで継続的に高額な金額の報酬を目指すのであればバイラルするような読者に役に立つコンテンツを作り続けることです。

それができればトレンドアフィリエトで月に何十万円というのは余裕で稼げる世界なのです。

会社を辞めて月収1000万円を稼ぐ男のメール講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です