アフィリエイターが担うもの

この動画では、今後のアフィリエイターの在り方についてお話をしています。

事前補足:追記2019年6月

こちらの内容は僕が5年前に書いた内容ですが、実際にこの内容は現実となりました。僕はここで「キュレーター」という言い方をしていますが現在で言う「インフルエンサー」のことです。

呼び方は違いましたが役割を全く同じです。今企業がインフルエンサー(YouTUberなど)に商品の紹介依頼をしていいますが、この現象は更に加速していくと予測できます。

アフィリエイター=キュレーター

これまでのアフィリエイターというのは商品をお知らせするだけの存在でした。
サイトアフィリエイトなんかでいうとアフィリリンクを貼った記事やブログを量産するようなやり方。

しかし、そのようなアフィリエイトはあまり意味が無くなってきています。

仮にもそこで作った商品記事から紹介する商品が売れればいいのですが、サイトアフィリエイトでブログ記事を量産するようなやり方をしている人の狙いはクッキーを持たせることが狙いであることが多いです。

つまり、もはや商品を売るのではなくて何でも良いから私のアフィリリンク(特に楽天やamazon)から何かを買ってくれればいいという露出作業をしているにすぎません。

これからのアフィリエイターというのはそういう露出作業だけでは厳しくなります。そこでキュレーションという概念がますます取り入れられるようになります。

世の中にはインターネットのおかげで情報はいっぱいあるし商品もいっぱいあって消費者は何を基準に買って良いかわかりません。

なのでキュレーターといってその人なりの意見や見せ方や見解をする役割に価値が高まってきます。

アフィリエイターは正にキュレーターという存在として価値が上がっていくことになります。「フィルタ」と言い換えてもいいでしょう。

いちいち自分で考えて選別するのがめんどくさいからキュレーターに選んでもらったりキュレーターが良いというものを消費者が買うという流れです。

既に熱狂的な信者みたいなファンを獲得しているアフィリエイターさんっていますよね?
あれは信者のみなさんは考えるのがめんどくさいんです。
考えるのがめんどくさいから教祖であるアフィリエイターさんがキュレーター的役割を果たしているのです。

そしてこれをしっかり覚えておいてほしいのですが、
そういう状態になるが別に悪いわけではないということです。

逆に今のソーシャル時代はこういう現象が起こって当たり前だということです。
すべてが宗教化していくとも言えます。

その宗教の外では全く売れないのに、教祖が「これは良い」と勧めるとどんなに高額であったとしても売れてしまうのです。
こういう現象が当たり前の時代になってきているのです。

伊集院光が「このAV女優のDVDは買うべきだ」というと多くの男性リスナーは買う

「アフィリエイター=キュレーター」と定義しましたが、ではそのキュレーションというのはどういうところに価値があるのでしょうか?

それはその人ならではの世の中を見ている色眼鏡であってフィルターになります。これはとある職業にすごく似ています。そうです、タレントです。

例えばですが、伊集院光というタレントがいます。

このタレントは深夜のラジオで男性から圧倒的な支持を得ていますが、リスナーが何を求めているかというと伊集院光の色眼鏡で平凡な日常をどういう切り口でトークしてくれるか?というところです。

はい、キーワードは「平凡な日常」です。特別な日常ではありません。けど、伊集院光は平凡な日常を特別に見せることができるのです。これは僕らが情報発信をして価値を提供するのと全く同じことです。

アフィリエイターである僕らはブログ、メルマガ、動画(You Tube)を通して自分のフィルターという価値を提供しているのです。伊集院光はただそれがラジオというマスメディアであるというだけです。

だから、伊集院光のファンであれば、伊集院光がオモシロイと思ったものはオモシロイと錯覚するでしょうし、伊集院光が「このAV女優のDVDは買うべきだ」というと多くの男性リスナーは買うのです。

つまり、僕らのやることはそんなに複雑なことではなくてとてもシンプルです。いかに面白いフィルターで情報を発信して楽しんでもらうかなのです。

「アフィリエイター」というと、何か売らないといけないというイメージがあるかもしれません。

けど、売るというのは最後にやることで、それまではとにかくタレント活動をするのです。

「売らないといけない」という概念があるから、頭がごちゃごちゃになってしまいます。

そうではなくて、自分は伊集院光のようにラジオが得意なタレントだという感覚を持つこと。そうするともっと自然に情報発信できるようになってきます。

そして、息の長いタレントになるためのキャラクター設定が必要になります。一発屋タレントにならないようにです。

あっ、ちなみにさっきから伊集院光、伊集院光って言ってますが僕は伊集院光のラジオはいっさい聴いたことはありません(笑)でも、コアなファンがいるのは知っているので例題に出しました。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございます。
こういうことが知りたいということがあれば動画を撮りますので質問や相談をするからご連絡くださいね。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です