これが最短で月100万稼ぐ失敗しようがない鉄板フレームワークとロードマップだ

(※この記事は2018年8月26日に更新されました)

序論 アホな社長が100万稼ぐのと有能な社員が100万稼ぐ違いの構造(13:32)

失敗しようがないフレームワーク(30:50)

失敗のしようがない鉄板ロードマップ(14:11)

#01:月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで【自己紹介】
#02:会社に行きたくなくて月曜日に吐き気がしていた上場企業社員時代の話
#03:ビジネス初心者が利益率の低い有機野菜の販売をして失敗した話
#04:短期間で年収1000万円以上稼ぐ人に共通するビジネス成功の4つの条件(動画)
#05:これが最短で月100万稼ぐ失敗しようがない鉄板フレームワークとロードマップだ(動画)←今ココ

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、30代で年収3000万円達成みたいなことがでたのか?

お金を稼ぐにはパターンがあるのに気づけたんですよね。公式みたいな。

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が週7暇人で年収3000万円になるまで【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

このメールマガジンで経験をお金に変える方法がわかります。なぜなら僕がそれで1.3億円稼いできた成功パターンだからです。

累計5500人が読んでくれていて「レンガさんのメルマガかなりおもろい」とよく言ってくれます。

実際、2019年に僕のストーリーが『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JP+吉本興業の企画で応募数873作品から選ばれて入選受賞しています。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です