賢威でレイアウトを30秒で一括変更する最終手段

賢威 レイアウト 一括変更

WordPressのテーマ『賢威』は下の画像のように個別記事によってレイアウトを変えることができます。

keni_post
column
  • 1カラム
  • 2カラム
  • 2カラムリバース
  • 3カラム
  • 3カラムリバース

全部で5種類のレイアウトを自由に選ぶことができるのは便利なのですが、1つ問題があります。

通常WordPressというのは一括変更をすることができるのですが、『賢威』のようにデフォルトで管理画面にないカスタムフィールドの項目に関して一括変更ができません

個別記事で設定したレイアウト設定を理画面から編集しようとすると、1つ1つ記事編集からレイアウトの変更をポチポチとやらないといけないのです。

例えば、2カラムで作成した500記事をすべて3カラムの変更しようとすると、500回分の編集作業が必要になります。さすがにこれを自分でやるわけにはいきません。

そこで、データベースの情報を直接書き換えるという手段をとります。

1.まずphpMyAdminをサーバーにインストールする

PhpMyAdmin2

ってその前に「phpMyAdminって何よ!?」って方のために・・・↓

今やろうとしていることはWordPressの管理画面から操作するのではなくて、
WordPressのすべてのデータが格納されているデータベースを触ろうとしています。

WordPressのデータベースはMySQLというデータベースが利用されています。

通常データベースをいじくり回そうとするとSQL文を書きまくらないといけないし、
そもそものデータベースの構造から理解していかないといけません。

しかし、一般の人にはそんなものはわからないので、直感的にわかるデータベースを操作できる言わばオペレーションシステムのようなものがMySQLです。

なので、まずこのphpMyAdminをWordPressが設置されているサーバーにインストールしてください。

レンタルサーバー会社によってはインストールの必要か不必要かが違う

レンタルサーバーによっては既にphpMyAdminがインストールされている会社もあります。
サーバーの管理画面を見て確認してください。

無い場合は各レンタルサーバー会社のヘルプなどを見て、
インストールを行ってください。

serverpanel2
僕はXserverを利用していることが多いのですが、Xserverの場合は上図のように既にインストールされています。

2.phpMyAdminにログインする

phpmyadminadmin

このような管理画面にログインします。
ログイン情報は、「MySQLユーザ名」「MySQLパスワード」が必要になります。

「MySQLユーザ名」「MySQLパスワード」はサーバーの管理画面の方から通常確認できます。

3.WordPressのデータベースからテーブル一覧を見てみる

mysql

WordPressで利用しているデータベース名を選択すると、上図のようにテーブルの一覧がズラリと並びます。
WordPressをインストールした時のデフォルとは以下のような一覧になります。

table list
  • wp_commentmeta
  • wp_comments
  • wp_links
  • wp_options
  • wp_postmeta
  • wp_posts
  • wp_terms
  • wp_term_relationships
  • wp_term_taxonomy
  • wp_usermeta
  • wp_users

そして、今回いじるのは「wp_postmeta」という名前のテーブルになります。

wp_postmetaは投稿記事の特有の情報が格納されています。今回のように賢威ならではのカスタムフィールドで「レイアウト」の項目はこれに該当します。

4.「wp_postmeta」に何が格納されているか見てみる

display

左のメニューの「wp_postmeta」→上のメニューの「表示」という順番でクリックしていってください。

そうすると、投稿記事に関するカスタムフィールドの項目の情報がずらずらと出てきます。

ずらずらと出てきたテーブルのデータの上にこのような表示がされていると思います。

sql1

これはSQL文を実行していることを表しています。SLECTの後の「*」はテーブルのカラムのすべて、
LIMITの「0,30」は開始位置1番めから30件を取得するという意味になっています。

5.まず試験的に1件だけ記事のカラム数を変更してみる

これからこのSQL文を1度だけ書いて賢威のレイアウトを一括変更していくのですが、
まず試験的に1件だけ3カラムを2カラムにデータベースから直接変更してみます。

mysql2

page_layoutの値が「col3」となっているところがあります。
これを「col2」にすれば該当の記事は2カラムに変更されます。

まず、鉛筆マークをクリックします。

mysql3

そうすると、meta_valueの項目のテキストエリアに「col3」が表示されているのがわかります。
これを「col2」に変更して「実行する」ボタンをクリックしてください。

すると、すぐに値が変更されました。この時に実際に実行されたSQL文は、以下のような構文になります。

UPDATE  `ここはデータベース名`.`wp_postmeta` SET  `meta_value` =  'col2' WHERE  `wp_postmeta`.`meta_id` =18 LIMIT 1 

これを一括変更に活かします。

6.「col3」のmeta_valueをすべて「col2」に変更する

同じ要領で3カラムの記事を一括で2カラムに変更するには、以下のような構文になります。

UPDATE  `ここはデータベース名`.`wp_postmeta` SET  `meta_value` =  'col2' WHERE  `wp_postmeta`.`meta_value` = 'col3';

mtsql4
確認すると、すべての「page_layout」の値である「col3」が「col2」に変更されていることがわかります。

これで、賢威のすべての3カラムのレイアウトが一括で2カラムに変更できました。SQL文は上記をそのままコピペして利用してもらってかまいません。

以上で一瞬にして管理画面に入らずに賢威のカラム数を変更することができました。

ただ、注意が必要で失敗した時のためにデータベースのバックアップは必ずとっておいてください。phpMyAdminはデータベースそのものをいじるので、触る時は慎重に操作してくださいね。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です