どうやって会社を辞めて自分の人生を生きれるようになったのかをストーリーにしてみました

第1話「真面目に生きると不幸になるんだな」

レンガ
そう感じたのはわりと幼い頃でした。

銀行員の真面目な父親はガマンに耐え続けながら銀行に勤め続け心筋梗塞で倒れました。

銀行に殺されたと言ってもいいかもしれません。

だから、いい学校に行って、いい会社に行くことに疑問を感じながら生きました。

有名な企業に勤めた結果・・・

 

僕はこの映像のように朝から満員電車に乗って有名な上場企業で働いてました↑
(これは実際に撮った映像です)
けど、入社しても全く未来は感じられず、毎日「会社辞めたい・・・」と思っているだけ。

僕自身、親と同じように有名な企業に入ってみたけどそこに未来は感じられなかったのが現実です。

そして、時間もお金も心にも余裕のある自分らしい生き方を探しました。

僕は会社に行きながらもビジネスを学んで、