やる気が出ない時の対処法?そんなの罰金払う作業会するしかないだろ

やる気が出ない時ってありますよね?

  • 上司に報告しないといけない…
  • 明日まで資料仕上げないと…
  • ブログ書かないといけないけど書く気起こらんな…

十分、十分。そんなの誰だってあります。当然僕もそうです。

逆に24時間やる気にみなぎっていつも松岡修造みたいな感じだったらキモいですよね?

だから別に僕はやる気が出ないのは悪いことだとは全く思ってません。

それよりも大事なのは、自分がやるべきことをやるためにそれをどうコントロールするか?のを持っておけばいいだけです。

結論から言うと・・・

モチベーション 管理

やらないと痛い環境に身を置けばいいだけです。今回東海地方で僕が運営しているビジネスコミュニティやその他知り合いなどが集まって「罰金作業会」をしました。

今回の罰金は、

目標達成できなかったら会場費を全額負担

という制度でやりました。結果見事、全員目標達成!!
なんとも充実感のある時間の過ごし方ができました。

まあ僕は達成できても会場代は払うんですけどね(笑)それでも約5時間でこれだけ集中してみんなでやれたのはかなり良かったです。

これはここに参加している方の意思が強いというよりかは、

やるしかない顔
いや、東海地方まで交通費かけて来て、更にできなかったら罰金ってやるしかないだろ

って全員なるからです。

という参加者の感想もいただきました。

おい!必死にやるのかっこ悪いか?

なんかビジネスやっているのにそもそも悠々自適に成果なんて上がらないんですよ。これは言っておきます。

どんなビジネスのジャンルでもダントツに成果上げている人って、早い話、単純に頑張ってるんですよ。本人が頑張ってる意識があるかどうかは知りませんが、それだけの結果を出すだけのことはやってます。

悠々自適にやってそうでめちゃくちゃやってるんですよ。その外側だけ見て余裕こいてたら絶対負けます。

だって、みんな資本使ったり人使ったり頭使って必死にビジネスやってるんですよ。その中で勝とうと思ったら、そういう人たちよりも何かしら資源を上手く活用してやっていくしかありません。

もちろん、どういうビジネスモデルを選ぶかが一番大事です。選ぶビジネスモデルが悪かったらマジで苦労します。楽に収益が上がるビジネスモデルを選ぶかどうかが一番です。それは大前提。

だけど、良いビジネスモデルを選んだらあとは力んでもいいので必死こいてやる。

最近、必死にやらなくてもよくね?みたいな風潮ってあるんですが、まあ逆に言うとそういう人が増えてくれればダントツ1位って取りやすくなるんでチャンスです。

実際、罰金実践会ってどんな感じでやるの?

罰金作業会

ユージン・シュワルツがやっていた33分33秒のインターバルを取り入れてやりました。

  • 12:00-12:40
  • 12:40-13:20
  • 13:20-14:00
  • 14:00-14:40
  • 14:40-15:20
  • 15:20-16:00
  • 16:00-16:40
  • 16:40-17:00

こんな感じで予定してちょっとズレたりはしたと思います。1セットが休憩入れて約40分ってこと。

で、その内4セットはサイレントタイムなのでしゃべってはいけないターン。内3セットはしゃべってもいいターン。

最後は美味しいご褒美

ご褒美

ご飯がおしいいお店に参加者の人で一緒に行って情報交換などして過ごしました。非常に充実しました。

勘違いしてはいけないこと

例えば、こういうダニエル・ピンク(「モチベーション3.0」とか「ハイ・コンセプト」とか書いている人)の論証として「やる気の関する科学」とかでも語られています。

簡単に一言で要約します。

僕の理解では、内面的な動機で動くと生産性が上がるということを言っていると思うんです。けど、ここで勘違いしてはいけないこと。

それは、こういう環境を望んでやった場合と、無理矢理やらされる場合では全く生産性が異なるということです。

例えば、話は一番最初に戻りますが、僕も「やる気が出ないな~」なんてことはよくあるわけです。けど、なんか「やる気の出る企画考えよう!」って思うのが、結局そこで自分が内面からワクワクする企画を創造するクリエイティブなことをしてるわけなんです。

なので、名目は「罰金」とか言って、アメとムチのムチの方に見えるんですが、当然僕は主催してるんで参加者の人が進んでくれたり満足してくれれば僕にとっては「報酬」になるわけです。

もちろん僕の仕事が進むことも「報酬」。

なので、

やる気でない↓

じゃあ、どうやったら自分がやる気でるような管理方法があるかな?

こういうことやったら面白いんちゃうかな!自分がこの環境だったら絶対できる!
(↑ この時点で創造的なことをしてワクワクしている)

こういう流れでやればいいですね。今日はカフェでやる。今日はツレに宣言してみる。今日は奥さんに宣言して、もしできなかったら奥さんが欲しいバッグをプレゼントするとか。あと、自分でグループ作っちゃう。

いろいろできますね。やる気が出なくて困っている人はぜひ参考にしてみてください。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と教わった僕が会社を辞めて月収1200万円になってわかった全て

↑この記事でレンガの理念を語っています。

レンガの『20代迷走から30代1000万円突破逆転人生』物語形式無料メールマガジン

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です