「RSS Footerが使えない」でお困りの方へ簡単な実装方法

2015年の夏ぐらいよりWordPressのプラグイン『RSS Footer』の機能の更新が(ver.0.9.9で)終了しました。そこから、新しいWordPressにアップデートするとRSS Footerは現在利用できなくなっています。

僕の商品購入者さんからも「RSS Footerが使えないようですがどうしたら良いでしょう?」と相談がありましたので、こちらで最も簡単な解決方法をお教えしていきたいと思います。

1.「WordPress SEO by Yoast」の代替はめんどくさくないか?

RSS Footerを今インストールすると、以下のような英語のメッセージが出てきます。

RSS Footerのメッセージ

「Yoast SEO」をインストールしてくださいとのことです。「Yoast SEO」というのは、「WordPress SEO by Yoast」のことです。

これを代わりに入れれば良いとのことなのですが、しかし、このプラグインはAll in one SEO Packと機能がかぶるところがあります。そのために、「WordPress SEO by Yoast」をインストールした後、設定で「All in one SEO Pack」の機能をインストールして、一度「All in one SEO Pack」で設定したサイトタイトルやサイトディスクリプションを再度設定しなければなりません。

rs

こんな感じでやらないとダメです。しかもインポートする時に、All in one SEO packとの互換性が悪くなって・・・みたいなことも考えられるし、正直めんどくせぇぇえええええって感じですよね?

なので、シンプルに署名を入れる機能をfunction.phpに追記する方法を僕はオススメします。

2.そもそもRSS Footerって何でいるの?

この記事を読んでいただいている方は、もしかしたら「とりあえずプラグインをインストールする一覧であったから入れているだけ」という方も多いかと思います。

RSS FooterというのはRSS からそのブログの記事の内容をそのままパクってパクリサイトにするのを防ぐために入れています。

RSS-footerの使用例

上の図は、僕のブログのRSSですが、記事内容の最後に僕のブログのタイトルのリンクが署名として入っているのがわかると思います。単にこれを入れることによって盗作を防ぐというのがRSS Footerなのです。

しかし、ぶっちゃけ言うと、こういうのって文字列削除するスクリプトを書けばで簡単に消せちゃえます!!なので、実質盗作を完全に防ぐのは無理です!!

けど、一応念の為に入れておいた方がいいのはいいので、下記にそのシンプルな方法を説明します。

3.テーマのfunction.phpに以下のコードを入れてください

以下のコードを見てください。(横にはみ出ているのでちゃんと見てね)

// RSS Footerの代替
function do_post_contents_feeds($content) {
global $post;
$content = $content. '</pre>
<div><a href="' .get_permalink($post->ID).'" target="_blank">この記事の続きを読む</a></div>
<div><a href="' .get_permalink($post->ID). '" target="_blank">' .get_the_title($post->ID). '</a> is a post from: <a href="http://example.jp/" target="_blank">ブログタイトル</a></div>
<pre>
';
return $content;
}
add_filter('the_excerpt_rss', 'do_post_contents_feeds');

まず、これをあなたが今使っているテーマのfunction.phpに追記します。例えばStinger5とかの場合こんな感じです。

function.phpに挿入

この時にfunction.phpの一番下に「}」があったりする場合は、その手前に入れてください。これはお使いのテーマによって違いますので注意です。(※あとこの作業をする場合は必ずバックアップをとっておいてください。

4.RSSの表示を確認

これでRSSの表示をテストサイトで確認してみます。

RSSの署名

これは僕のテストサイトなのですが、RSSを見てみるとしっかりと、

is a post from: <a href="http://example.jp/" target="_blank">ブログタイトル</a>

というの入っているのがわかるかと思います。これでRSS Footerと同じ機能を簡単に実装することができました

あとは、
「http://example.jp」のところを自分のブログURL、
「ブログタイトル」のところを自分のブログタイトル、
に変えてお使いください。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年2000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です