セミナー会場で圧倒させるために借りた3時間10万円の部屋

この動画では、セミナーを開催し成功する秘訣としてまず「会場で圧倒させる」というお話をしました。この「会場を圧倒させる」というのは特に初めてのお客さんを集客する時には効果的です。

seminar-venue-photo2 seminar-venue-photo3

セミナーにも実質価値と感情価値がある

お客さんが感じる価値というのは「実質価値」と「感情価値」があります。

例えば普通にラーメン屋さんでラーメンを食べた時よりも、1時間行列に並んで食べた時の方が美味しく感じたりしますよね。実際に食べているラーメンはどちらの場合も同じです。にもかかわらず、行列のできるラーメン屋さんの方が価値が高く感じるのです。これを「感情価値」と言います。

セミナーにもこの「感情価値」を上げることができるのです。それがこの「素敵な会場で受講した」という価値です。
たとえセミナーの内容が同じだったとしても汚い町の商工会議所で行った場合と、この動画で説明したような3時間10万円もするようなセミナールームでは参加者の感じる価値は違うのです。

特にセミナーというのは実質価値を上げにいくい商品です。
何か有形物を提供する商品ではないからです。
だからこそ感情価値を上げて満足していただくことがポイントになります。

告知ページにセミナールームの写真を掲載することで集客がしやすくなる

今回動画でお話をした会場は東京都内にあるセミナールームなのですが、僕は告知をするまに実際に会場に行って写真を撮らせてもらいました。もちろん会場に予め行くことによって当日想定外なことが起きないように

  • 電源コンセントの位置はどこにあるか
  • 部屋の暗さはどうか
  • プロジェクターの端子は自分のPCとあうか

の確認なども同時に行います。

しかし、一番の目的はセミナールームの写真を告知ページに掲載することによって「綺麗なところで受講できる」というイメージをしてもらうところにあります。お客さんによってはどんな会場でやるのかが不安な要素になっている場合もあるのです。

つまり、予め圧倒できる会場を予約して写真を撮っておくことで集客のしやすさにも大きく影響するのです。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、30代で年収3000万円達成みたいなことがでたのか?

お金を稼ぐにはパターンがあるのに気づけたんですよね。公式みたいな。

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が週7暇人で年収3000万円になるまで【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

このメールマガジンで経験をお金に変える方法がわかります。なぜなら僕がそれで1.5億円稼いできた成功パターンだからです。

累計5500人が読んでくれていて「レンガさんのメルマガかなりおもろい」とよく言ってくれます。

実際、2019年に僕のストーリーが『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JP+吉本興業の企画で応募数873作品から選ばれて入選受賞しています。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です