メルマガ広告

この動画では、早くアクセス集めるための方法として「メルマガ広告」のお話をしています。

メルマガ広告とは

メルマガ広告

メールマガジンもインターネットメディアの1つですが、やはりどんなものでも媒体としての機能を果たすようになると広告として利用できるようになります。

僕らがメルマガを発行して読者を増やすことで広告枠を作ることもできますし、その逆で既に読者さんの多いメルマガ発行者さんに広告として掲載を依頼するという方法もとれます。

上図は実際にどのように広告が出されるのかというサンプルです。メルマガ本文とは別なので、

【PR】新しい集客で使えるツールの販売が開始されました。
websitehourというツールです。

このように【PR】として「広告ですよ」とわかるように別けられて紹介されるのが通常です。もし、別けずに本文中に紛れ込ませるとそれはステルスマーケティングになってしまいます。

メルマガ広告を利用する最大のコツ

mailmaga-ad

メルマガ広告を利用する最大のコツは、自分の商品にあった属性のメルマガ発行者を探すということです。

どんなに読者数の多いメルマガに広告を出してもその商品の属性と合っていなければそれこそお金の無駄になってしまいます。

例えば、ダイエット系の美容商品なのであれば当然、読者が女性のメルマガを探さないと意味がありません。

どのようにして探すか

mag2com

例えば、「まぐまぐ」というサービスはここに約30,000誌のメルマガが集約されています。カテゴリもかなり細分化されているので、このようなサイトから自分の販売したい商品にあるメルマガを見つけるは1つの方法です。

読者数の多いメルマガは既にメルマガ広告の枠を販売している場合があります。例えば、「3日間だけ広告をだします」とか「号外として広告を出します」とかプランを作ってるところもあります。

逆に、読者数はそこそこだけど広告枠を販売していないところはチャンスです。広告枠として既に販売しているようなメルマガは読者も広告があることを知っているのでその反応率がやはり下がってきます。

しかし、まだ広告枠を設けていないメルマガだと「何か新しいものがあるぞ」と読者の興味をひかすことができ、比較的反応が取りやすくなります。

どのように依頼するか

広告として出してくれそうなメルマガ発行者とアポイントがとれたらまず次のことは必ず実行してください。

  1. 商品を無料で提供する
  2. 商品を紹介する広告文のサンプルを作って参考にお渡しする
  3. 商品を紹介するときの紹介リンクを作ってお渡しする

この3つは最低の礼儀としてやりましょう。メルマガ発行者さんは、別にあなたの商品を紹介しなくてもいいわけです。依頼されてお金をいただけるから紹介するわけですので、商品を紹介するための手間はこちらですべて用意をしてください

多くの方が「1」も「2」も「3」もやっていません。けど逆の立場を考えたらわかると思います。

すぐ広告主とメルマガ発行者がマッチングできるサービスを使って時間短縮する

mag-matching

前述したように、自分が売りたい商品をメルマガ広告に出そうとするとまず一の問題になるのが、属性にあったメルマガ発行者を探すことです。やること自体は簡単なのですが、意外に見つけるための時間がかかります。

これを解決するのは、

  1. 外注して作業を人に依頼する
  2. マッチングサービスを利用する

の2つしかありません。上図のようなメルマガ発行者と広告主をマッチングさせるようなサービスを使ってみるのも手です。実際利用してことがあるのですがマッチングするのはすごく早いです。また、広告の上限金額なども設定することができます。

属性がマッチングしているからと言って必ず売れるわけではありませんが、非常に効果がある時もあるので資金に余裕があるのであれば利用する価値はあります。

メール講座のご案内

(例)岡崎
(例)okazaki@yahoo.co.jp

Blog Ranking × Renga's Photo