ジョイントベンチャーでビジネスをやる5つのメリット

ジョイントビジネス

僕は以前までジョイントビジネスをしていました。

ジョイントビジネスの”ジョイント”というのは、
ジョイントベンチャーのことです。

ジョイントベンチャーの言葉の意味は、
ビジネスによって捉え方が違いますが簡単に言うと業務提携です。

ジョイントベンチャーと言っても、個人と個人の提携なのでそんなに難しいことではありません。

僕はこのジョイントをすることによってビジネスが加速度的に進みましたし、
ビジネスをやっていく上で良い経験をすることができました。

あなたも収益が頭打ちになっていたり、新しいことをやってみたいと思っているのであれば、ジョイントビジネスをやってみてください。

ここでは、ジョイントビジネスの良いところについてお話します。

1.自分が専門家である必要がない

ビジネスをはじめるときによくある大きな悩みとして、
「自分が人に提供できるものがありません」
という悩みです。

基本的にビジネスというのはプロが素人に価値を提供するものです。
なのでそれがなければビジネスにならないと思い込んでいる人もいるぐらいです。

けど、ジョイントビジネスであれば自分が専門家である必要はありません。
専門家の人と組めばいいからです。

例えばですが、英語関連のビジネスをしたいとします。
英語関連のビジネスをしようとすると、普通は自分が英語ができないとビジネスにならないと思いがちです。

しかし、別にビジネスをするのであれば自分ができる必要はないのです。

  • 英語が抜群にできる友達
  • 知り合いの英語の先生
  • 知り合いの英語がネイティブの外国人

などと組めば自分ができなくてもジョイントビジネスとして事業をやっていくことは可能になるのです。

2.マーケティングに専念できる

ジョイントでビジネスをするということは役割分担が決まっています。

もし自分一人でビジネスをやるのであればそのコンテンツも自分で考えないといけません。

しかし、ジョイントビジネスで相手が専門家の場合は、
コンテンツはジョイント相手にある程度お任せすることができます。

もちろんそのコンテンツをどう扱うかはあなた次第ですが、
コンテンツそのものは専門家であるジョイント相手じゃないと作ることはできません。

なので自分は、

  • 商品をどうやって売るか?
  • どういうブランディングにしていくか?
  • どうやって見込み客を集めるか?

というマーケティングの部分に専念できます。

3.自分の未知な分野でビジネスができる

僕がジョイントビジネスをやっていた時は、
これまで全く自分が一ミリも関わったことのないような業界でした。

それがジョイントビジネスをスタートしたことによって、
専門家並みにその業界の裏側や実態を知ることができました

公にでてこないような情報なども知ることができて、
ビジネスをしながら勉強をすることもできます。

ジョイントビジネスの場合は自分がプロフェッショナルである必要がないので、
ジョイントパートナーさえ見つかればどんな分野にも挑戦することができます

自分の持っている資源だけで勝負しようとしなくてもいいので、
枠がどこまでも広がるのです

4.一人でやるよりも労力が少なくてすむ

ジョイントビジネスをすると、一人でビジネスをやる時よりも労力が少なくてすみます。

例えば僕の場合だと既存客の対応はジョイントパートナーにやってもらっていました。

というのも専門的な知識ややはり資格保有者じゃないと答えられないよう質問や相談がくるのです。
ですので直接的な既存客の相談はお任せしている状態でした。

ビジネスをしているとお客さんの対応に追われて本来やるべき業務が滞ることがよくあると思います。

EC通販などで売り上げは上がるけど顧客の対応に追われて、
時間がなくなってしまったというのはよく聞く話です。

「3.マーケティングに専念できる」にも繋がってきますが、
ジョイントビジネスの場合は収益を上げることに集中して業務に取り組めることができます。

5.感情を分かち合える

これは直接的なお金になるメリットではなく精神的なメリットです。
けど結構この部分が大きかったりします。

ジョイントパートナーはビジネスパートナーでもありますから、
トラブルが起きて嫌なことがあっても、
お互いに報告し合いながら励ましあうことができます。

逆に売上や利益がアップしたときは喜びの感情を分かち合うことができるので、
ますます達成感を得ることもできます。

一人でやっているとどうしても、
すべてのものを自分ひとりで受け入れるような状態になりがちです。

しかし、ジョイントビジネスの場合、
マイナスな感情は分散して、
プラスな感情は何倍にもできる

これが実際にやってみて精神面では大きなメリットだなと感じました。
もちろん、ジョイント相手としっかりとした信頼関係を持っている場合です。

まとめ:自分のマーケティング能力がついてきたらジョイントをやっていくべし

ジョイントビジネスをやるメリットのまとめです。

Benefit
  1. 自分が専門家である必要がない
  2. マーケティングに専念できる
  3. 自分の未知な分野でビジネスができる
  4. 一人でやるよりも労力が少なくてすむ
  5. 感情を分かち合える

自分のマーケティング能力がついてきたら、
是非ジョインビジネスをやってみてください。

一人でやるよりもビジネス自体が飛躍していきますので。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です