お客様が手をださずにいられなくなるオファーの作り方

この動画では、お客さんに提供するオファーの作り方についてお話をしています。

オファーとは?

オファーというと、日常では「やりました!12社からのオファーをいただききました!」みたいな感じで、依頼を受けるというようなニュアンスが高いですよね。僕も以前はそんな使い方をしていました。

けど、ここではそうであはありませんので覚えておいてください。ビジネスにおいて「オファー」というと、お客様に対する約束です。あなたが今ビジネスをしているのであれば、あなたがお客さんに提供するお約束がオファーです。

  • 保証2年間付き
  • 期間限定
  • ポイント2倍
  • 手数料負担
  • 配送料無料
  • 特典付き
  • 30日間返品OK
  • 残り10名限り
  • 会員様サービス初回無料

など、例をあげてみましたが、これらはすべてオファーです。もし、あなたが一眼レフカメラを販売していて、商品に対してこれらのすべて付けるなら、これらすべがお客さんに対するオファーになります。全部まとめてオファーだということです。

もちろん商品の機能性の高さや、仮にその一眼レフカメラがキャノンの製品であるならばそのブランドであるところもオファーの1つです。

競合によってオファーは変わる

offer-make

例えば、NECのノートパソコンを買うことを検討しているとします。そのノートパソコン自体はどこで買っても同じですよね。

お客さんは、ヨドバシカメラで買っても、ソフマップで買っても、ヤマダ電機で買っても、Amzonで買っても、検討中のNECのノートパソコンを手に入れることができます。

これら4つの業者は同じ商品を取り扱っている競合ですが、商品以外のオファーはどこも違うのです。

ヨドバシカメラはポイントが10%つくかもしれないし、ソフマップで買うと保証期間が長くなるかもしれないし、ヤマダ電機で買うとインターネットの契約の初期費用無料の特典がついてくるかもしれないし、Amazonで買のが値段的には一番安いかもしれないのです。

オファーに対する価値は人によって違う

当たり前ですが、それぞれのオファーに対してお客さんの誰もが同じように価値を感じるわけではありません。

例えば女性はポイントを貯めるのが好きですが、男性はポイントとかはどうでもいいと思っている人も中にはいます。そういう場合は、いくら「ポイントが2倍になります!」とオファーされても響きません。

また、保証期間が一番の価値の優先順位のお客さんもいます。Amazonで買うよりも、当日在庫のある店で買いたいというお客さんもいるでしょう。

こうやってオファーに対する価値は人によって違います。もちろん、競合他社がどういうオファーをしているかはどこもチェックをしています。

そして、他にはない自分のところだけのオリジナルのオファーを考えてお約束を提示しているのです。

最強のオファーとはいったい何なのか?

では最強のファオーというのはいったい何なのでしょうか?実は、最強のオファーをこれまで受けたことがないという人はまずいません。

何かしらサービスやモノを買った経験があれば感じたことがあるはずです。「これは買うしかないっ!」って思った時です。買うしかないのです。

オファーされた約束に対してもう断るなんて考えられないというオファー、これが最強のオファーです。

Mac Book Airは最強のオファー

僕は何台か持っているパソコン内、MacBookAirを重宝して利用しているのですが、MacBookAirは僕は断れないオファーをだと思っています。

未だに、あんな封筒に入るような薄っぺらいノートパソコンがどうやって作られているのかと思うぐらいすごいことだと思っています。冷却機能はどう働いていいるんでしょうねえ(笑)?あれが10万円程度で市場で販売されていることが不思議でなりません。

僕はMacBookAirは100万円で販売されていてもいいんじゃないかと本気で思います。だからこそ、あんな素晴らしいノートパソコンが10万円だというのは、僕にとってアップルから最強のオファーをされたわけです。それが、断れないオファーということですね。

「これは買うしかないっ!」って思ったのです(笑)

自分が体験したようなオファーを自分が出す側になること

今、僕はMacBookAirが自分の体験として断れない最強のオファーだったと例を出しましたが、あなたにも必ず1つや2つはあるはずなのです。

僕らは今ビジネスをしているわけですから、自分が体験したように、お客さんに「これは買うしかないっ!」と思ってもらうことが重要です。もちろんネットが中心のインターネットビジネスもそうです。

最強の断れないオファーを作らないと、セールスレターのコピーをいくら変えても反応はほとんど変わりません。お客さんが悩んだり迷ったりすることなく、購入をポチッと押していただけるのが理想なのです。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です