感情レベルの使い方

この動画では、ビジネスをやっていく上で自分の「感情」をどのように取り扱っていくかについてお話をしています。

プロポーズは朝っぱらにする

イチロー選手のストイックさをよくビジネスの世界で例にあげられることがありますが、実はイチロー選手は「決断」についても非常に良いことを言っています。それは・・・

プロポーズは朝にする

ということです。

これは僕も非常に共感しているところがあって、この真意は一番平常で感情がニュートラルな状態の時にこの女性と一緒にいたいと思えばそれは本当に正しい決断になるということです。

プロポーズって普通夜にデートをしている最中とかするイメージがありますよね?けど、夜は感情が高ぶりやすい時間帯で場合によってはアルコールなども入っていることもあり気持ちが高揚しているのです。

なので、夜にした決断は後で後悔する可能性があるということなんです(笑)

面白いですね。でもこれってビジネスにも言えることです。

セミナーを受けた後に決断したけど上手くいかない・・・

セミナーなどを受けたときに講師の人が「成功する人は決断が早いんです!」みたいなことを言って、その場で結構無理な決断をしていまって結局続かつに自己嫌悪に陥ってしまうこととかないですか?

僕は昔ありました(笑)

これこそ感情レベルが高い状態で決めているんですよね。先に断っておきますが、その場で決めるというのは決して悪くないんです。むしろ良いことなんです。良くないのは気分が高揚している時に決めることです。

感情が高揚した時に何か行動を起こそうとするから、その感覚になりたくてまたセミナー、セミナー、とセミナー難民のようになってしまう人が少なくありません。依存性のあるドラッグのに近いかもしれません。

感情レベルは0で淡々とやる。気分でやるな

普段ビジネスをやっている時は感情レベルは0にします。
「今日は褒められたから調子が良いな」とか「今日は朝から嫌なことがあったから・・・」などと感情や気分に左右されてはいけません。

感情や気分でやっているとムラがありすぎます。

心臓外科医のお医者さんが感情や気分で手術をしているとどうですか?嫌ですよね?感情や気分でやられたら。僕らもビジネスをやっているということはプロフェッショナルだということです。

プロフェッショナルはその日の感情や気分に左右されて仕事に影響が出てはいけないのです。毎日やるべきことを淡々とやっていくのです。

淡々」をネットの辞書で調べると、

  1. 色・味・感じなどが、あっさりしているさま。淡泊なさま。「―たる色調」
  2. 態度・動作などが、あっさりしてこだわりがないさま。「心境を―と語る」

と書かれてあります。正にこの言葉通りです。日々淡々と作業をやりましょう。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年1000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と教わった僕が会社を辞めて月収1200万円になってわかった全て

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です