分離して考えることができないと破滅する。【LINE転載】

レンガのLINE登録してくれた方全員に配信した内容の転載です。

本質すぎて耳が痛いから逃げたい

って思うならブロックしてください。

分離して考えることができないと破滅する。

なんでも一緒くたに考えてしまう。

これが人生があんまりよくならないほとんどの原因。

ハッキリと断定できます。

「やりたいことを見つけて収入に結びつけたい」
「コロナで給料減が不安だから副業したい」
「仕事にやりがいを感じたい」
「人や社会から必要だと思わる仕事がしたい」
「なるべく作業しなくていい稼ぎ方をしたい」
「自分の使命が見つかれば超前進できるはず」

よくある例です。

これは最初から無理です。
結論です。

だけど、なぜか全部満たすようなものがあるんだという幻想を抱いきます。

多くの人が。

そして、

「こういう稼ぎ方はなんか違うな〜」

とか

「これは私には向いてないと思うな〜」

とか

「私の使命を活かしてビジネスしたらとんでもなく飛躍しそうだ」

と思いはじめます。

すると、

それは悩みに変わります。

自分が思うような状態じゃないからです。

けど、それは、
実は問題を問題だと思っていることが問題のパターンでしかありません。

3年前の自分と今の自分があんまり変わってなかったらこの先も読んでください。

分離して考えられない。
そこにすべての原因があります。

・好きなことをしたい
・給料減を補填したい
・仕事にやりがいを感じたい
・社会から必要とされたい
・作業をしなくていい方法でやりたい
・使命を活かしたい

はすべて課題が別です。

分離して考えることができないので、1つの活動にすべての要望を入れ込もうとします。

こういう人はめちゃんこ多いです。

僕はしゃべったらだいたいわかります。

例えば、

「妻に反対されているのですが、
○○○はやった方がいいでしょうか?」

とか。

妻に反対されている部分の課題と
○○○をやった方がいいかどうかの課題は全く別の課題。

一緒くたにしている。

すぐにお金が必要であれば、
抜群に利益率の高いビジネスをすることを最優先にした方がいいし、

社会貢献を感じたいのであれば、
NPO法人でも使って活動すりゃいいってことになります。

(ちなみに僕は超税金を払うことで社会貢献をしまくってるんで非営利活動とか微塵も興味はありません。)

ビジネスは他人がお金を払うので、
自分がやりたいかどうか
自分が好きかどうか
それはいっさい関係がありません。

私はマスクとか興味ないし、
マスクに執着もないし、
マスクが別に好きでもない。

って場合でも、

世の中の人がコロナでマスクが必要だと思えば出品した瞬間に売れます。

これは自分が好きであることと、
売れるこは全く別だからです。

分離です。

無分別思考の人がよく出すキーワードとかは

「成功者の人は・・・」

とかです。

よく聞きます。

それは1つのラベリングでしかない。
視点が1点のみなんです。

というのも何をもって成功なのかどうかわからん。

けど何かにおいて結果を出してる人は”あらゆるすべての要素においても成功している”みたいな幻想を抱いている傾向にある。

んなことがあるわけないやんっちゅー話で。

例えば、
こういう人は男性に対しても、

・経済的な収入が高いかどうか
・親戚や友達を大切にして欲しい
・家族を大事に考えてくれる
・手抜きではないセックスをしてくれる
・浮気しない
・二人でお出かけする時間を取ってくれる

みたいなのを全部一気に満たそうとします。

一人の男性に対してね。

そんな男がおるかっ!
っちゅー話で。

分離して考えられないと、
現状どれかが欠けている思ってしまうので、
その男性自体がダメみたいに感じます。

そして、

彼とはうまくいってない・・・
旦那とはうまくいってない・・

とか。

そして、なぜか自分でアカンと思い込みます。

そして、占いにいく。

「あなたはこうなんですよ」

と1つのラベリングをわざわざしてもらいに。

私はツいてないんだ・・・
と思っているから。

けど、2020年は大殺界だったから
どうたらこうたら〜

そっか、そっか、
今年はそういう運気だったんだー

って。

ツいてるもクソも、
分離して考えることができれば、
別に悩むとこでないというか。

問題を問題だと思っていることが問題のパターン。

これ2回目ね。

例えば僕は最近健康系のJVしていたところの契約をこっちから切りました。

こいつとは仕事にならんと判断したからです。

最高に先方に良い条件で提携してましたが、
結構口だけなんだなってのがわかったからです。

(組みたかったのは僕の方なので先方にとって良い条件を出してました)

マジでこいつカスやなと思いました。

まあ見抜けなかった僕も悪い。

けどプライベートでは楽しく会話しています。

仕事振りはカスだけど、
別にその人と遊ぶのはまた別の話だからです。

分離させているのです。

仕事振りがポンコツである要素と、
話していて面白い要素は別だからです。

仕事振りがポンコツであるのははその人のほんの一部分でしかないから。

その人の場を盛り上げるスキルとかはスゴイと思うし尊敬する部分もあるからです。

あーそうそう、星野リゾート行って帰ってきたときに、

レビュー見たら
酷評しているレビューがあって。

これだけの金額を払っているのに、
接客態度がどうのとか、
お迎えにきたときがどうのこうのとか、

ボロクソ書いてあるのを何件か見たんですが、

・接客態度
・掃除が行き届いているか
・備品は充実しているか
・リネン交換は適切か

とか、なんだろー
全部のすべての要素が満足いくものだと思い込んじゃってるんですよねー

あそこって結構そこの地域の特色とかを存分に感じる部分の価値がウェイト高いと思うんですよ。

外資のマリオット系みたいなのサービスとはまた違う。

まあ別にレビューだから何を書こうがいいんだけど、こういうの見ても分離して考えるのができない人なんだろうなーと思います。

そして、

こういう人は、
射幸心を煽る広告に影響を強く受けます。

なので、

これがあったらこうなる
これがあったら人生全部うまくいく

みたいなのがあると思ってしまう。

だから、

白黒思考、無分別思考での言葉が口から出て「成功者は〜」みたいな言葉が出てきてしまうし、分離して考えられないので3年4年とさまよい続けます。

分離して考えないと、
建設的な行動はできません。

月日だけが経ちます。

収入を上げたい
=収益を上げたい

なら、

収益を上げることをする必要があります。

自分がやりたいかどうか
やり甲斐があるかどうか
自分が好きかどうか

というテーマはまた全くの別物です。

僕から言わせると、
月収100万円を切っている場合は、
利益を出すことだけに集中しろです。

やることはマーケティングのみ。

その一択です。

人を集めて売るというシンプルな構造です。

僕は今悩みとかないんですが、
それは分離して考えられるからです。

手前味噌ですが、
例えば、

さっき例にあげたような要素があるとすれば、
ほぼ全部問題なく満たせているといえば満たせています。

それはなぜか?

毎年、資源を増やしてきたからです。

「リソース」と言われるヤツ。

モノ、お金、人脈、知識、情報、経験など。

この課題はこれを当て込む。
あの課題はこれを当て込む。

みたいなことができるからです。

もちろん最初はできませんでした。

それは資源がないからです。

けど、

どこがヘッドピンなのか?
なのは考えてはいました。

その答えはお金です。

資源の中で一番強力なのはお金だからです。

作業したくないという課題は、
お金でツールを買ったり、
人をや雇うことで解決できる。

やりがいを感じたいという課題は、
収益に見え合わなくてもいいから、
その人のためになるなら時間を使う。

お金で様々な課題が一気に解決していきます。

10割とは言わないけど、
お金で9割方の課題は解決します。

そしてそのスピードも早い。

やりがいがどうとか、
自分が好きかどうかとか、

自分の主観の視点は
いったんおいておいて、

利益を出す
=他人が欲しいものを売る
=他人が何を求めているのかを調べる

ということだけをやってきた結果、
資源も増えて他の条件も満たせることに繋がります。

つまり、

分離して考える
ということは

簡単にする
~~~~~~~~

ということです。

これ重要なポイントです。

分離して考える
ということは
簡単にしているのです。

なので僕はずっと簡単なことしかやってきていません。

逆に

一緒くたにする
ということは

煩雑になる
ということです。

煩雑になると
人間はめんどくさく感じるので、
行動しないようになります。

この条件とこの条件とこの条件とこの条件とこの条件とこの条件とこの条件を満たすもの探してきてー

とか言われても、
探すだけで疲れます。

また、

ちょっと見つからなかったら
そりゃ誰でもやる気が失せます。

分離して考えられない典型例です。

そして、さらにさらに、
また月日だけが経ちます。

そんなときに、
「うまくいかないのはあなたのせいではありません」
みたいなのを見て、

スピリチュアル系のものに触れると、
一瞬なんとかなりそうに思えて
気持ちが安定したりするのですが

それは見たくない現実から
目を背けているだけです。

一時的に高揚するだけで
根本的な解決になりません。

うまくいかないのは、
自分のせいですからね。

さらに、

お金に背を向けると、
「お金より信用が大切だ」
みたいに言っている人を知って、

そうだったんだ!
無理にお金を求めるんじゃなくて、
人からの信用が大事なんだ!

などと思いはじめます。

けど、

村社会や閉鎖的コミュニテイ内だけで生きていくなら信用だけで物々交換で生きいてもいいけど、

現実社会で、
お金がないのは普通に困ります。

選択肢が極端に狭くなるので。

信用があったら、
子供を私立の学校に入れられるか?

入れられません。

むしろお金があった方が入れられます。

もし信用を稼げるなら、
お金に換金すればいいだけです。

それがわからないので、
「出会いに感謝です」
とか言いはじめてしまいます。

挙句の果てに、
膣にパワーストーンを入れたら、
人間関係が良くなった

とか言い出したらもうほぼ終わりです。

ある意味、
人生は別の方向に変わってはいますが・・・。

ちょっと女性向け
みたいになってきたけど、
別に性別は関係ありません。

男性でも同じです。

利益を出したいのに、
会社の知名度を上げることに
必死になっている

とか

高額商品を売りたいのに、
PVや再生回数を上げることに
必死になっている

とか。

会社の知名度を上げることと、
利益を出すことは別だし、

PVや再生回数を上げることと、
高額商品は売ることは別です。

ビジネスをしていても、
分離して考えることができない
という状態に陥ることはある。

僕のお世話になっている方は、
何十社も会社をやってますが、

会社ごとに目的が違います。

この会社はキャッシュを拾っていくだけ、
この会社は創業者と一緒に仕事をしたいからやる、
この会社は売却するため、
この会社は発展途上国のインフラに繋げるため。

と、

見事に分離して考えています。

もちろんそれらができるだけの資源(リソース)を持っています。

資源を持っているから、
いろんな要望を同時に満たすことができます。

ここまで読めば、

資源も何もない人間が、
いきなり何もかも満たすような条件を
1つの活動に詰め込めるものではない

のは理解できると思います。

「こういう稼ぎ方はなんか違うな〜」
「これは私には向いてないと思うな〜」
「使命が見つかれば飛躍しそうなんだけどな〜」

とか言うてる場合じゃないわけです。

それでも、

頭ではわかっているけど、
動けないというのが人間です。

これは僕もそうです。

だからお金を払って
進捗を報告する人を作って
サボれない環境を作ったり、

罰金制度を導入したりするわけです。

ダイエットなら
一人の決意だとサボるから、
トレーナーをつけて見てもらうとかです。

大前研一が言っているように、
決意を新たにすること自体は無意味です。

まだ実現してなくても、
頭の中ではほぼ完了してるぐらい、
知識や情報を入れて研究します。

そして、

分離して考えて
簡単な状態にして、
あとはやるだけにする。

ちなみに、

「やりたいことが見つからない」

っていう正体は、
1つ1つを真剣に取り組んでないからです。

真剣に取り組めば、
面白さがわかってきたり、
やりがいに気づけたり、
応用方法が思いついたりします。

それぐらい目の前のことに
誰もやってないぐらい真剣に取り組む。

そうすると、
「やりたいことが見つからない」
という悩みすらなくなります。

外に答えはないからです。

自分の都合のよい
白馬の王子様が外からやってくることは
永遠にありません。

図星すぎて
不快に感じるかもしれませんが、

図星すぎて目を背けたいなら、
結局そういうことだと思います。

ただただひたすら月日が流れていって
年をとっていくだけということです。

分離して考える
というテーマで、
いろいろ書きましたが、
本質中の本質の話です。

LINEでこんなに真剣に書いて伝えている人間も他にあまりいないと思います。

「あなたの今のままで大丈夫ですよ〜」
みたいな気休めのことは僕は絶対言わないです。

それは真剣に今より良くしたいと思っている人に対して非常に失礼です。

だから本音で真剣に全部書いてます。

なので、

もし今までの流れを変えたいなら、
分離して考えることが賢明です。

まずこのLINEの内容を、
全部コピペしてevernoteでも
何でもいいけど何かにまとめて
読み直すなどしてみてください。

そして、

その答えももう出ていて、
僕も含めてたいだいの人は、
利益を出すことが最優先集中特化なはずです。

レンガ

ここまで。LINEに関してはメルマガを読んでる人にしか案内していません。

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、30代で年収3000万円達成みたいなことがでたのか?

お金を稼ぐにはパターンがあるのに気づけたんですよね。公式みたいな。

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が週7暇人で年収3000万円になるまで【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

このメールマガジンで経験をお金に変える方法がわかります。なぜなら僕がそれで1.3億円稼いできた成功パターンだからです。

累計5500人が読んでくれていて「レンガさんのメルマガかなりおもろい」とよく言ってくれます。

実際、2019年に僕のストーリーが『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JP+吉本興業の企画で応募数873作品から選ばれて入選受賞しています。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です