僕が通っているパーソナルジムの集客を秒速で改善

レンガです。

パーソナルトレーニング通ってるんですが超いいです。

最近このパーソナルジム業界も競争激しいすねー。

通いつつも、あーこれもったいないなーここ直したら一瞬で成約率変わるんやけどなー

ってポイントがいくつもあって。

ただ今回は仕事でジムに行ってるわけじゃないんで笑

参考になると思うのでこちらの記事にザーッと書いときます。

あっ、パーソナルジムだけじゃなく
加圧ジムとか受験塾とか英会話教室とかも同じなんで。

まず集客っていうか、
ホームページに書いてることを書き換えれば、それだけで一瞬で売上は変わります。

これ結構あるあるなんですが、
「集客がうまくいかない」
と思っているところの大半は”ザル”です。

ザル。

ザルの画像

集客がうまくいってないんじゃなくて、
まずザルをボールにしようって話で。

だいたいザルです。

ボールにするだけなんでめちゃ簡単です。

お金かからないんで。

お金かけずに、
利益増えたらばんばんざいですよね。

その僕の通っているパーソナルジムは、
広告で集客しています。

いわゆるPPC広告というやつ。

○○○(地域名) パーソナルジム

とか

○○○(地域名) スポーツジム

とかそうキーワードで、
広告を出しています。

クリックするとホームページが出てきますが、
ぶっちゃけそこに書いてある内容変えるだけです。

ザルからボールへその1は、

リンク全部とる

広告のリンク先のホームページの、
ページ内のリンク全部なくします。

全部とる。

僕が通っているそのジムの、
広告先のホームページは、

・グローバルニュー
・ブログの読み込み
・SNSのリンク

が置いてあります。
これはいらん。全部とります。

あるのは、

「無料カウンセリングの申し込みはこちら」

置くのはこれだけです。

クリックするところが複数あったら、
そっちに気がいってしまいます。

パーソナルジムの広告用ページの、
一番の一番の一番の一番の目的は、
無料体験にこさせることです。

なのに、

あっちこっちに内部の飛ばすためのリンクが貼られてあるのはめっちゃくちゃもったいないー
あーもったいない。

僕これ自分が見込み客の立場で、
自分が広告クリックしたときにそう思いました。

まずこれだけで変わります。

人間は選択肢がたくさんあると、
自分で選べないので行動できなくなります。

生姜焼き定食、
お刺身定食、
さんまの塩焼き定食、
かつおのたたき定食、
唐揚げ定食、
牛カルビ定食、
デミグラスハンバーグ定食、
天津飯定食、
担々麺定食、

どれにする?

って言われたら

「えーどれにしよー。ん〜どうしようん」

ってなって行動できない。

けど、

唐揚げ定食あるけど、
食べる?食べない?どっちにする?

ってなったら、

「じゃあ食べよっかな」ってなります。

選択肢は唐揚げ定食しかないようにすればいいだけ。

無料カウンセリングの申し込みする?しない?
の二択にするだけです。

これ変えるだけ。めちゃくちゃ簡単です。

もう1個、
最優先でなおしたいところあります。

それは、

トレーナーの自己紹介文ショボすぎ問題

まあこれどこのパーソナルジムもそうなんですけどね。

======

トレーナー歴:8年
経験スポーツ:サッカー、陸上
保持資格:ナチュラルフードコーディネーター

数々の指導をしていくなかでお客様にあった理想の体型に導くことを得意とし、栄養学なども学び一人ひとりのニーズに合った食事面からもサポートをしている。

======

みたいなことを書いてあるんですが。

これって超もったいないんですよね。

全然そのトレーナーの魅力感じない。
つまらん。

僕企業のWebサイトの解析とか数十社以上は見てきたんですけど、
ホームページで一番見られるのって「スタッフ紹介」なんですよ。

つまりは「人」が鬼見られてるわけです。

スタッフ紹介のページだけ、
めちゃくちゃ滞在時間とか長いんですよね。

でもこれって当たり前の話で。

だったパーソナルジムなんだから、
どんな人から教わるの?
って普通に気になりますよね。

1対1のマンツーマンサービスなんで。

家庭教師を頼むのに、
相手がどんな人なのか当然気になる。

それなのに、
トレーナーの紹介の魅力が出てない。

ただこれがR社のような大手なら、
別になくてもいい。

けど、僕が通っているパーソナルジムは、
全然有名なところでもない。

一応、

「大手のような質低い経験の浅いトレーナーとかではありません」

みたいなことは書いてはあるんですよ。

けど、その割にトレーナーの自己紹介に魅力がゼロ。
これは実にもったいない。

例えば、

女性向けとかだったら、

「私は小さい頃から太りやすい体質で学生時代から、
体型もコンプレックスが抜けませんでした。」

とか、

男性向けとかだったら、

「私はもともと体が小さくて、
小学校からいじめられっ子で自分に対して自信が全くありませんでした。

おかげで女性に対してもビビってしまい恋愛にも長いあいだ臆病な人間でした。」

みたいな自分が過去に体型に関してのトラウマや、
コンプレックスがあったエピソードなどを入れます。

普通にそういうの洗い題したら即出てくると思うんで。

で、そこからボディメイクをしたり、
筋肉トレーニングをすることでどう変わったのか?
という内容を入れる。

そしてさらに、

「だから私は今、
こうやってトレーナーとして自分と同じような思いをしている人に、
ちょっとトレーニングするだけでも自分に自信がつくようになることを体験して欲しい」

みたいなそういう理念を語った、
自己紹介文に変えますね。

なぜトレーナーやってるのか?
ってのが全く書かれてないんですよ。

そういうのを自分のエピソードを入れるだけでも、
すごく共感されます。

やっぱそういう人から指導を受けたいってなります。

こういうパーソナルジムって、
健康目的ももちろんあるんですが、

ぶっちゃけ、
・モテたい
・結婚したい
・自信を持ちたい

とかそういうのデカイですからね。

僕も普通にモテたいの動機は50%ぐらいはありますから。

言ってしまえばデブっててもモテるならそれでいいんですよ。
デブってても健康で何も問題ないならそれでいいんですよ。

けどそうじゃないですよね。

体重・体脂肪を落としたあとの未来を見せる。

そういうを広告用のページの、
トレーナー紹介のところに書く。

これ体験者の声とかもそうなんですけどね。
これだけで相当変わります。

マジ自己紹介つまらんので。

「人」を売りに「パーソナル」って言ってるのに、
その「人」が魅力じゃないってアカンのですわ。

で、

なんで、じゃあこれ書かないのか?
ってのも僕はわかります。

それは簡単な話で、
大手のR社とかがやってないからです。

やっぱり同業のR社とかを見てしまうんですよね。

で、R社はそういうトレーナーの紹介はしてない。
というかできないんですよ。

だって大手は全国展開しているし店舗数も多い。

いちいち全員のトレーナーが紹介できない。

大量採用なので、
そういうの書いてられないってのもあると思います。

だからこそ、

大手じゃないジムは、
もっとトレーナーの自己紹介に細かいエピソードとか入れて、
「人」を押し出したらそっち行こうってなるわけです。

大手の差別化にもなる。

あとこのジムのホームページは、

ヘッド画像がスライドショーになってるんですが、広告のページはそれはやめた方がいいです。

通常のホームページであればいいんですが、
広告用のページの場合は測定をしたい。

ヘッド画像のコピー自体は良いと思うので、
ポンポンスライドショーで画像が流れるより、
固定して一番反応の高いものを検証した方がいいですね。

とりあえずここまで話してきたこの3点。

これ直すだけで成約率1.5%ぐらい変わってもおかしくない

ちょっとザルだったのをボールにするだけで全然変わります。

例えば、

現状、仮に広告経由での新規客の獲得が月に8人ぐらいだった場合。

単純に1.5倍なら広告費はそのままで新規は12人ぐらいになる。

そうなったら、

仮に入会金+コースで、
30万円だったとしても、

30万円 × 4 = 120万円

月の売上ベースでも120万円変わってきます。

広告用のページを
ちょこっと2箇所修正しただけで、
月に120万円変わるとしたら、
年間にしたら1440万円変わります。

どひぇええええええええええええええええええ!
まじかーーーーーーーーー

ってレベルですよね。

一瞬の修正で、
これだけ数字が変わります。

けど、

だいたい集客できてないから、
売上につながってないと思っちゃうんですよねー

ほとんどがザルなんですよ。

だいたいザルで水をすくってることに気づかないです。

自分のことは気づきにいくいってのもありますけどね。

なのでザルからボールにする作業するだけ。

それで年間1400万円も変われば相当いいですよね。

ぶっちゃけ他も改善点いくらでもありました。

おそらくSEO対策のメディアやってるんですが、
それも本当は指摘し放題ではあります。

これ意味なくね?
みたいなメディアを立ち上げて、
永遠に記事を書いている。

これも秒速では直せないけど、
ある程度運営側に理解してもらったらだいぶ変わる。

それもまったく難しいことではない。

まあそんな感じのことを思いながら、
僕はパーソナルジムを楽しんでます。

体重5kg減って体脂肪率も2%ぐらい減ったかな。

やっぱプロから直接教わるのがやっぱ早い。

毎日毎日毎日毎日、
LINEで食事内容の写真送って、
食事内容添削してもらうので。

ビジネスでもトレーニングでも同じだと感じます。

ちなみに、

僕が今通っているパーソナルジムを選んだ基準は、
R社のような大手を選ばずに、
あえて発展途上のところにいきました。

大手のところに行くよりも、
地域密着だったり零細のところの方が、
今後の展開を考えるのが面白いからです。

なので、

数十万するサービスで、
普通はダイエット目的とかで通うだけですが、
僕は業界研究とかも一緒にしてしまうわけです。

実はこっちの方が僕にとっては価値があります。

しかも、

トレーナーさんのマンツーマンなんで、
仲良くなったら結構業界の内部事情とかもチラっとしゃべってくれたりします。

トレーナーさんの抱える問題とかも聞けるし、
他のお客さんがどんな人なのかとかも僕は聞いたりします。

そういう情報とかめちゃ役に立つんですよねー。

なので、

1つのサービスを受けるだけで、
一石二鳥になるんですよ。

といっても以前は僕もそんな感覚は全くなくて。

単に払った分のお金に見合うだけの効果があるかなー
とか考えるだけ。

もちろんそれは誰もが考えるところなんですが。

今はリサーチもできるぜーーー

って感じなので、
面白いんですよね。

なので積極性も上がります。

以前の僕だったら、
積極的に人に話しかけないと思います。

僕は人とコミュニケーションとるのもヘタクソな人間でした。

だって会社員時代4年間隣の社員の人と、
私語をいっさいしないというネクラぶりを発揮してた人間ですよ。

昼休みは他の社員と話したくないので、
非常階段で誰も見てないところで過ごすとかw

けど、ビジネスはじめて完全に変わりましたね。

全部ビジネス思考で考えられるんで、
単純に情報が知りたいわけです。

だから、
「どんなお客さんが多いんですかー?」
とか聞きまくるわけです。

それによって、
コミュニケーション力も上がったし、
今では秒速で成約率が上がる改善点なども思いついてしまいます。

自分以外の他人にも貢献できます。生きてて充実します。

なのでこういう自分自身が何かサービスに対してお金を払うことは、僕の場合は等価交換じゃないんですよ。はるかにそれ以上というか。

・業界のこと知れる
・知らない人と話せて面白い
・本来お金を払わないと教えてもらえないことも知れる
・思考力が鍛えられる

とか、こっちが得られる方がはるかにデカイ。

なので極端な話、
ダイエットとか成功できなくても全然良いと思えるんですよ。

(※まあよくはないんですが。余裕ができるということです。)

その感覚で生活できるのってやっぱり楽しいです。

一度フレームワークを頭にいれて、
自分のビジネスを1つやれば、
もう他に応用がききます。

僕はずっと同じパターンしか使ってないし、
実際難しい国家資格とか合格するより、
数十倍簡単です。

一方で、

商売をしている人で、
Webマーケティングの知識が不足しているがために、
本来売り上がるもんも売り上がらないっていう損失をしているパターンのもめちゃ感じます。

こういうジム経営の場合は、
やっぱ代表の人が自らセッションとかやってるところはしんどいです。

僕も加圧ジム経営していた知り合いとかいますけど、
自ら自分がトレーナーとしてセッションしてるので結局つぶれました。

マーケティング学んでちょっとテコ入れすれば、
簡単に収益は改善されますからね。

というまあちょっとした事例でした。

追伸:

ちなみに、
パーソナルジムの場合って、
だいたいトレーナーの数で売上の上限が決まります。

商品のパターンとしては、
多いのが、

単価30万前後で、
1回70分〜80分
2ヶ月全16回
ぐらいのプランが多いです。

で、

1日に一人のトレーナーさんが、
対応できるセッション数が8〜12セッション。

低く見積もって、
仮に8セッションの場合、
週6の営業日だと考えると、

1週間計算 = 8セッション×6 = 48セッション
1ヶ月計算 = 8セッション×24 = 192セッション

で1ヶ月192セッション対応が可能になります。

で、
2ヶ月全16回プランの場合、
だいたい一人の人が週2回利用します。

例えば、

月&木
火&金
水&土

みたな感じですね。

なので、一人のお客さんが1ヶ月に8回利用と想定。

ということは、

1ヶ月に対応できる人数は、
192 ÷ 8 = 24人
ということなります。

じゃあ毎月24人新規を入れてもいいか?
というとそういうわけではなく、
2ヶ月で消化してもらうとなると、

常時毎月12人を新規客を獲得しても回せることになります。

ただ実際毎月12をそこまで獲得できるわけでもないので、
1ヶ月新規客を平均10人と考えて、

単価30万×10×12=年間3600万円ぐらいの売上

これが平均的な上限になると思います。

もちろんジム内にトレーニングの部屋が、
2部屋とかあって1部屋あたり1トレーナー担当するような計算だと、
単純に倍額になります。

あとは固定でかかる経費は、
・テナント家賃
・トレーナーの給料
・広告費

このあたりの3つがでかい。

僕が行っているところは、
テナント家賃は推定30万ぐらいなんで、
年間にすると360万円。

トレーナーには一人年間400万円払うとします。

広告費は、

「○○○(地域名) パーソナルジム」

をGoogleキーワードプランナーでみると、

僕が通っている地域は、

平均クリック単価は190円。
つまり1クリックに対して190円かかります。

1人が無料体験にくるのに、
200クリックはいると想定すると、

一人が体験にくるのに、
38000円。

無料カウンセリングの50%が成約するとしたら、
400クリックに一人になるので、
76000円1人新規会員。

月10人新規だと、
月の広告費が76万円。

すると年間広告費は912万円。

この時点で利益率は40%〜50%ぐらい。

ただ、

こういう計算をしていくと、
広告費の費用対効果を上げたいよねってなってくるわけです。

そしたら、

話は一番最初に戻って、
広告のページを修正して、
それで成約率を上げれば、
広告費を下げても同じ新規客を穫れるということになります。

なので、

結論としては、
最優先でやることはザルになっているのをボールにしようってことになります。

終わり!

動画でもしゃべってます↓

このブログの運営のきっかけ

僕は小さい頃に母親からこう教わりました。
「みんな給料もらうために我慢しとるんよ」と。

そこから【お金をもらう感覚=ガマン料】みたいな感覚が20代まで続きました。
スーツで満員電車、月曜朝の吐き気、トイレで昼飯。全部経験しました。

お金から逃げてたし不器用でぶっちゃけ20代は迷走していました。

そんな僕がなぜ最高月1000万円以上利益を出せたり、
年2000万円の自動収入を作ったりして余裕のある30代になれたのか?

それが今では自分が稼ぐだけじゃなく、人にビジネスを教えたりして、
月収50万円~月収500万円を稼げる人をプロデュースしたりしている。
人生本当にわからないもんです。

そもそもなぜ僕がこのようなブログを運営しているのか?という理由も含めて今に至るまでをすべて記事に公開しました。

月給23万円だった僕が働かずに年1千万以上の利益が出るようになるまで。【自己紹介】

↑この記事でレンガの理念を語っています。

【無料】レンガのメールストーリー

『ビリギャル』が生まれたSTORYS.JPで新着総合2位になって3500人が読んでくれました。

# 24時間で月収1000万円突破した証拠画像
# 給料以外に初めて2万円が入金されて価値観ぶっ壊れた話
# チャットで上司に「会社辞めます」と送信した結果
# 1ブログで月50万円収益上がるやり方
# 月収100万円を最短で達成するための構成要素
# 無名状態から著者10冊以上の有名医師と提携できた理由
# 働けば働くほどお金から遠ざかる真実
# 受講生が副業だけで年収がプラス800万円になった理由
# 地獄の病体験をお金に変えた話
# 旅行嫌いなのに旅行くほど暇になれる理由

など実際に僕が副業時代から収益を上げてきた過程をストーリーにしてメールで配信してます。

無料メールストーリーを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です